ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
きょうの難読地名
のりものトラブル
クイズ
地域差・ランキング

めちゃくちゃ縁起良さそう 100均のミニ門松がロボットに変身...その名も「キンガーネンガー」

松葉 純一

松葉 純一

2021.01.06 20:00

2021年のお正月休み、読者の皆様はいかがお過ごしだっただろうか? 帰省もせず、初詣にも行かず、しかし例年になくあわただしく終わってしまった......、そう感じている方も多いことだろう。

ところで、せっかく飾ったお正月飾りだが、一週間もすれば片づけなければならない。

例年であれば、片づけた後にお焚き上げするところだが、今年は新型コロナウイルスの影響でどんど焼き(左義長)が中止になっているところもある。

そんな中、正月飾りにこんなリサイクル方法があったのか、と話題になっているものがある。2021年1月3日に投稿された、次のようなツイートがきっかけだ。

なんと100円ショップで買った「ミニ門松」を加工して、ロボットを作ったのだという。このツイートの投稿者は、紙製ロボットやフィギュア、プロレスマスクなどを制作する造形師の安居智博(やすい・ともひろ)さん(@kami_robo_yasui)、京都在住のアーティストである。

このツイートには、9000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散している(1月6日夕現在)。ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「可愛らしい門松くんですね!」
「頭部の三連装ビーム砲が好きです」
「開運ロボ! 発想がすごいですね」
「バドーロボット カドマツマン!」

さっそく門松マンなどと愛称が付けられ、人気者となっているようだ。

Jタウンネット記者は、安居智博さんに詳しい話を聞いた。

門松ロボットの本名は、「キンガーネンガー」?
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP