ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

コロナ禍だからこそ、あえて伝えたい――「ご乗車ありがとうございます」 能勢電鉄の異例ポスターに反響「あかん。泣いてまう」

笹木 萌

笹木 萌

2020.10.28 20:00

「乗っていただいて当たり前と思っていた」

Jタウンネットは2020年10月28日、能勢電鉄の広報担当者に詳しい話を聞いた。

担当者によれば、ポスターは22日から各駅に掲示。その意図を、次のように説明している。

「緊急事態宣言の中、まったくとは言わないですが(編注・利用者が)減った状況がありまして。その中でも止まることなく運転させていただいたのは、少なからず乗っていただいたお客様がおられたから、ということです。
また解除後もご乗車いただけたので、そういった日頃の感謝を改めて掲出させていただきました」

川西能勢口駅から妙見山と日生ニュータウンを結ぶ能勢電鉄。通勤客がメインだが、緊急事態宣言中は乗車率が7割近く減ってしまったという。

現状に関しては「ちょっと落ち着いています。宣言下よりはお客様が戻ってきています」と担当者。利用者に感謝の思いを伝える広告は今回が初めてだという。

ポスターに対する利用者の反応は温かい。ツイッターでは、地元の観光情報などを発信する学生団体「川西ジャーナル」のアカウントが普ぅ。さんの投稿に反応。能勢電鉄のポスターをオマージュした画像を投稿した。

川西ジャーナルの投稿した画像には「いつもありがとうございます」「コロナ禍でもいつものように走り続けるのせでんに、どれだけ支えられただろう」と能勢電鉄への感謝が綴られている。担当者はこの投稿について、「嬉しかったです」と話している。

ポスターの掲示期間は年内を予定。担当者はポスターがツイッターで注目を集めていることに対し、

「乗っていただいて当たり前と思っていたのが、考え直させられました。このポスターへの反応を見て、改めてお客様と支えあっているのかなと感じています」

と話している。

PAGETOP