ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

「毎日が葛飾北斎」 他県民が本気で憧れる「静岡の日常風景」がこちら

松葉 純一

松葉 純一

2020.10.22 17:00

日本人にとって、富士山はやはり特別な存在だ。

富士見台とか冨士見坂といった地名が各地に存在するが、富士山が見えることはそれだけで価値があるという証拠なのだろう。

飛行機に乗れば、頼んでもいないのに、「ただいま当機の左手に、富士山を見ることができます」などと機内アナウンスが流れる。それではと、窓の外を注視する乗客が多いのだろうか。

富士山に対する熱い想いは、全国共通のものだと思っていたら、静岡県民の場合はどうやら別格らしい。

2020年10月17日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

「これが静岡の日常」という言葉と共にアップされた写真は、富士山を背景に撮影した街並みだ。左が、昼間の光景。右が夕景だ。どちらも素晴らしい。背後に迫る富士山が、圧倒的に大きくて、その迫力が半端ない。こんなに近くに富士山が見えるなんて、さすが静岡県である。

このツイートには28万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(10月21日昼現在)。他県民から「常にあの富士山を見ることができるなんて本当に羨ましい」「毎日が葛飾北斎。。。すごいなぁ、静岡」など絶賛の声が寄せられるなか、当の静岡民からは次のようなツイートが。

「やっぱ静岡県っていいですよね。商店街から見える富士山の写真最高です」
「富士山はいつも見えるものっていう印象があります」
「台風はじめ災害が少ないのは富士山が守ってくれているからだ、と地元民はみんな信じている」
「富士山目的でなくても写真を撮ったら写り込んでしまうのですよね」

「静岡の日常」とは、どういう意味なのだろう。投稿者のHiro(@omochi_219)さんに詳しく聞いてみよう。

「この光景が当たり前で、いつも見る景色なのです」
続きを読む
PAGETOP