ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

秋田名物「ビッグバーガー」自販機が販売終了 40年の歴史に区切り...製造者の思いを聞いた

笹木 萌

笹木 萌

2020.07.17 17:00

秋田名物「BiGバーガー(ビッグバーガー)」をご存知だろうか。

秋田市の街中やスケート場に設置された自販機で、専用の箱に入った状態で販売されている。販売開始から約40年にわたって愛されてきたローカルフードだ。

しかし、そんなビッグバーガーの自販機も現在は2台しか残っていない。そのうちの1台が故障したことで、自販機での販売そのものが終わろうとしている。

箱がなくなり次第、販売終了へ(画像はkusakura_大将@kusakurataishoさん提供)
箱がなくなり次第、販売終了へ(画像はkusakura_大将@kusakurataishoさん提供)

「いつも御利用いただきありがとうございます
この度また自販機が故障してしまい、自販機での販売を終了することに決めました。尚、御自宅用での注文は、受け付けております。現在ある箱の在庫がなくなりしだい、販売終了の予定となります。
長きにわたり、本当にありがとうございました!」

自販機には、こう書かれた紙が貼られている。製造自体を中止するわけではないようだが、自販機から買うことができなくなってしまうとは...。

この貼り紙はツイッターユーザーのkusakura_大将さんが2020年7月12日に紹介したことで話題になった。自販機での販売終了を知ったユーザーからは、

「ビッグバーガー、お前もいなくなってしまうのか...」
「幼き頃からの青春・・悲しすぎる」
「子供の頃スケート場に行けば必ず食べてたなぁ...懐かしい。ありがとうございました」

といった悲しみの声が。秋田のご当地ヒーロー・超神ネイガーも、「かなしみ」とツイートしている。

箱の在庫は500枚
続きを読む
PAGETOP