ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

味も見た目もハッピーターンだけど... 謎の割れ煎「にこやか」に注目→その正体を亀田製菓に聞いた

笹木 萌

笹木 萌

2020.07.12 11:00

甘じょっぱいパウダーがクセになるお菓子「ハッピーターン」。亀田製菓(本社・新潟市)が1976年に発売したロングセラー商品だ。

長きにわたって愛されてきたお菓子だが、実はその一部が別の名前で販売されていることをご存知だろうか。

にこやか...(画像は@rodory0420さん提供)
にこやか...(画像は@rodory0420さん提供)

その名も「にこやか」。製造過程で割れてしまい、ハッピーターンとして世に出ることができなかった「割れ煎」が、にこやかという名前で販売されているというのだ。

ツイッターでは、あるユーザーが紹介したことでこの「にこやか」の存在が話題となり、

「ハッピーターン(幸せ)のかけらをお裾分け→にこやか(になる)ってことですかね」
「破顔一笑、という感じと掛けられているのかな?とこちらまで笑顔になりそうですね!」
「長野県内某所で一度だけ見かけて買ったことがあります。これ幸せですよね!」

といった声が寄せられている。

しかしツイッターで出回っている画像を見る限り、にこやかのパッケージに「ハッピーターン」の文字はない。たしかに、せんべい自体は見覚えのある楕円形を割ったような形をしているが、本当にハッピーターンの割れ煎なのだろうか。

亀田製菓「フードロスの観点から...」
続きを読む
PAGETOP