ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
きょうの難読地名
のりものトラブル
クイズ
のりもの

「お気に入りの店があれば『今』行って。なぜなら...」 コロナで閉店決めた居酒屋からの切実なメッセージに反響

笹木 萌

笹木 萌

2020.06.10 20:18
「お気に入りの店が緊急自体宣言解除後も潰れず乗り切って、安心されてる人へ」

京都市のたこ焼きが板居酒屋「京乃雫」の店長・御科(@takotenishell)さんが2020年6月9日にツイッターへ投稿した、こんなタイトルのメッセージが大きな反響を呼んでいる。

今月中に閉店することが決まっている京乃雫。店長は「お気に入りの店が存在するなら今行ってあげてほしい」と訴えているが、そこにはどんな真意があるのだろうか。

閉店間際の店長からのメッセージが話題(画像は京乃雫提供)
閉店間際の店長からのメッセージが話題(画像は京乃雫提供)

店長の思いは携帯のメモに綴られ、2枚の画像に分けて投稿されている。その内容を一部抜粋したものが以下になる。

「基本、賃貸のお店は不動産の関係で『今日閉めることを決意したから、今月末に閉めるわ!!とはいきません。(中略)ですので、コロナ自粛でお休みしていた3月~5月に『もう駄目だ~、閉めよう』と決められたお店が閉まるのは、本当にこれからなんです」
「今、胸中では閉めることをもう決めているけど、笑顔で『店長ここ潰れなくてよかったね!』『いや~補助金も出たしなんとか生き延びましたわ~』とか会話されてる店主さん、絶対にいると思います」
「今は生き延びていても、これからも自粛ムードは続いて、飲食は厳しい状況が続きます。うちは諦めましたが、諦められず融資に手を伸ばしたお店も沢山あります。そういう決断をされたお店は内心地獄なんじゃないだろうかと思います」

緊急事態宣言が解除され乗り切ったように見えても、実際はそうでないかもしれない――飲食店経営の裏側を綴った文章は、こんなお願いで締められている。

「貴方のお気に入りの店がまだ存在するのなら、『今』行ってあげて下さい。
そのお店はもう潰れることが決まっているかもしれません。まだ決まってなくても、絶望的な状況で必死にお店を開いているのかもしれません。そんな中で、それを隠して笑顔でお店をされてるかもしれません」
他の店舗からも「まさにその通りです」
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP