ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

日本人が支援物資に添えた「漢詩」が中国で話題に なぜ書こうと?送り主の思いを聞いた

松葉 純一

松葉 純一

2020.02.03 20:00

中国の人々の顔を思い浮かべて......

マスクと体温計を支援物資として送った

マスクと体温計を支援物資として送った

電話で答えてくれたのは、同協会国際交流委員会の林隆樹委員長だった。

「支援物資は、マスク約2万個と体温計約30個です。日中の間には、もちろん不幸な歴史もありましたが、美しい友好の永い歴史もあったのです。日中交流のシンボルとも言えるのが、鑑真の来日です。長屋王が詠んだ詩の一節をとおして、日中友好の歴史を思い出していただきたいと思い、支援物資の段ボール箱の貼紙に記載しました」

林委員長の、この詩に対する熱い想いは、実は以前からのものだったという。

「私自身、個人的な旅行をとおして、中国の人々と知り合う機会がありました。そのとき出会った人々の顔を思い浮かべ、彼らと体験した楽しい思い出を振り返ると、まさに『山川異域 風月同天』という想いだったのです」と林さんは語る。

town20200203192209.jpg


2019年秋に行われた「HSK中国留学・就職フェア」のポスターやグッズの中にも、このメッセージ「山川異域 風月同天」を入れていたのだという。国際交流委員会の仕事をする林さんにとって、キーワードとなっていたのだろう。

「支援物資を送る際にも、自然に書き入れてしまいました」と林さん。

こうした林さんの思いは、中国でも話題になった。

中国国営メディアの新華社通信の日本語版記事(2月2日ウェブ配信)によれば、林さんのメッセージは中国のSNS・微博(ウェイボー)で絶賛されている。

支援物資を受け取ったユーザーが「『山川異域、風月同天』と書かれたラベルに感動」とのメッセージ付きで写真をアップしたところ、現地のユーザーから31万件を超える「いいね」が寄せられたというのだ。

こうした反響について林さんは、「日中友好の歴史を思い出していただくきっかけになれば幸いです」と語った。

PAGETOP