ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

もはや絶体絶命...からの大逆転! そごう・西武の「逆読み」広告が秀逸だと話題に

笹木 萌

笹木 萌

2020.01.06 17:46

たびたび話題となる趣向を凝らした広告。2020年になって早々、ツイッターで注目を集めたものがある。

それがこちらだ。

下から読んでみると...(一部加工、画像はそごう・西武提供)
下から読んでみると...(一部加工、画像はそごう・西武提供)

「大逆転は、起こりうる。
わたしは、その言葉を信じない。
どうせ奇跡なんて起こらない。
それでも人々は無責任に言うだろう。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
今こそ自分を貫くときだ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
土俵際、もはや絶体絶命。」

これは、そごう・西武(東京都千代田区)の広告に掲載されたコピーだ。20年の元旦に新聞やウェブで公開したもので、力士の炎鵬晃さん(25)をイメージキャラクターとして起用している。

一見すると、広告の「主人公」が相撲の取組中に追い込まれるというネガティブな文章。しかしその下には「文章を下から上へ、一行ずつ読んでみてください。逆転劇が始まります」と書かれている。

逆転劇とはどういうことか。指示通りに下から読んでみると、以下のようになる。

「土俵際、もはや絶体絶命。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
今こそ自分を貫くときだ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
それでも人々は無責任に言うだろう。
どうせ奇跡なんて起こらない。
わたしは、その言葉を信じない。
大逆転は、起こりうる。」

大逆転を信じる――文章自体は変わらないのに、まったく逆の意味になってしまった。

ツイッターではこのキャッチコピーに対し、

「今年最初に触れた広告が最高でした」
「このポスター素直に『かっこいい!』って思った。発想も表現方法も秀逸」
「めっちゃイケてます」
「素敵。言葉の力感じます」

といった声が寄せられ、好評だ。

広告全体(画像はそごう・西武提供)
広告全体(画像はそごう・西武提供)

炎鵬関は「コピーの内容にぴったり」
続きを読む
PAGETOP