ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
のりものトラブル
実録!ご近所トラブル
クイズ
旅先いい話
地域差・ランキング

冬のキャンプは全然ゆるくない 「ゆるキャン△」に憧れる初心者に、キャンプ場管理人が注意喚起

井上 祐亮

井上 祐亮

2019.12.01 20:00

気温が10度以下のキャンプには「道具」と「覚悟」が必要だ――。

キャンプ場管理人の一言に、ツイッターで賛同の声が沸き上がっている。

こちらは千葉県市原市で貸切キャンプ場などを営む「フロンティアビレッジ」管理人の投稿だ。

キャンプを楽しむ女子高生たちの日常を描いた漫画「ゆるキャン△」(後アニメ化)の影響なのか、冬キャンプの予約が多いという。

簡単にキャンプができると思う人が増えたのだろうか。確かに「ゆるキャン△」を視聴し、キャンプを始めたという人は少なくない。ツイッターには、次のような声が。

「ゆるキャン見てキャンプ始めたヨ!焚き火はええで...」
「ゆるキャン見てキャンプ始めた初心者です」

だが管理人は、

「10度以下でのキャンプは道具と覚悟が必要ですよ」

と、キャンプをする際は、心構えが必要と説く。

2019年11月29日、日本列島は各地で今季最低気温を更新。東京都心でも1.6度を記録している(気象庁から)。寒空の下、軽装客が多いのだろうか。ツイッターの反響は大きく、

「ゆるキャン△でも冬キャンで死にかける回があったしファンならちゃんとコミックス最新刊まで読み直して覚悟と準備してから来るべき」
「いやもうほんと、YouTubeとか見て軽い気持ちで冬のキャンプとか絶対やめた方がいい。するならせめて車で行って、いつでも寒さから避難できるようにするべき」
「確かにそりゃそうだ!都会育ちなもので、冬のキャンプ場は寒いに決まっていると言う当たり前の事を完全に忘れていました」

と賛同の声や冬場キャンプの事情を知らなかったという人もいる。

そこでJタウンネットは、冬場のキャンプで必要な「道具」と「覚悟」とは何か、管理人に詳しい話を聞いてみた。

「焚き火でダウンウェアが...」
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP