ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

どっちが熱海でどっちがモナコ? ソックリすぎる景観に再注目、市も「よく似ている」

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2019.06.12 06:00
0

「モナコらしさ」が課題に?

実は、熱海市のニュースレター16年6月号には姉妹都市の伊・サンレモとともに、

「南仏ニース~モンテカルロのコートダジュールに続く光景によく似ていることから『東洋のモナコ』とも呼ばれています」

と紹介。自治体も似ているのはわかっているようだ。

一方、熱海市の「熱海港湾エリア賑わい創出整備計画(案)」の中の「熱海市・熱海港湾エリアの現状と課題」の中には、こんな一文がある。

「外国人はモナコらしさより和を求めている」

似ているのはPRポイントとも言い切れず、こうした声もあることからあまり出し過ぎないようにしているのかもしれない。

明確な理由はないにしろ、地形が生んだマジック。熱海なのに異国情緒を感じるロマンを今からでも楽しみたいものだ。

ちなみにモナコから最も近い国際空港であるニース コートダジュール国際空港までは日本からの直行便がない。そのため、チューリヒやミュンヘンなどで1度は乗り継ぐ必要がある。すると、乗り継ぎの時間も含めて15時間から31時間の長旅で費用も片道8万円台から10数万円と高額だ。

しかし、熱海なら東京からこだまの指定席で片道3990円。時間も47分で早い。さらに東海道線なら約1時間30分で片道1940円とリーズナブル。景観が似ていても、費用は雲泥の差だ。

現地で体感できることは全く違うが、熱海で疑似モナコを満喫。本物に夢をはせて日々労働に勤しむやり方も面白そうだ。

PAGETOP