ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

自然ってスゲェ... 成長する木に「喰われた」看板、10年前との比較写真が話題に

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2019.05.13 18:00
0

林道にあった看板が、木に飲み込まれている――。2019年5月11日、そんなツイートが投稿され、話題になっている。

こちらはツイッターユーザーのナノレカワ(@nanorekawa)さんの投稿。埼玉県寄居町の林道を12年振りに訪れたナノレカワさんは、樹木の成長を目の当たりにしたようだ。

写真を見てみると、07年と記載された写真にはリスの絵が描かれた円い看板が確認できる。この時点でも看板の半分ほどが木に覆われているが、19年になると事態はさらに進行。成長した木によって看板がほぼすっぽりと収まり、埼玉県の「玉県」との文字がかろうじて見える程度になっている。

ちなみに、ハッシュタグにある「まといリス」とは、林野庁が制定した山火事防止のシンボルマークのこと。このリスのキャラクターが使われた看板は、全国各地に設置されている。

これにはナノレカワさんも、

「12年ぶりに行ったらまだいたけど、ほぼ飲み込まれる寸前だった!」

と驚きを露わにした。

このツイートにはこんな反響が。

そのほか、埼玉県の金鑚(かなさな)神社近くでも、まといリスの看板が木に覆われた様子が見られるという。なかには、水道や鎖が木と一体化してしまった画像もあった。

このように多くの反応が寄せられるなか、ナノレカワさんは、

と感想を述べていた。

ナノレカワ(@nanorekawa)さんのツイートより
ナノレカワ(@nanorekawa)さんのツイートより

↑gogo! fukui