ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

コアラのマーチ、「型破り」デザインが話題 いつから横向きに?広報を直撃すると...

Jタウンネット編集部

Jタウンネット編集部

2019.04.22 20:00

みんな大好きロッテのチョコ菓子「コアラのマーチ」。小さい頃から親しんできたという人も多いのではないだろうか。

コアラの姿を思わせる独特な形をしたビスケットに、様々な絵柄が入っているのが特徴だ。公式サイトによれば、そのデザインはなんと365種類にものぼるというから驚きだ(2019年4月22日時点)。

これだと形が...。気象予報士コアラ(写真はロッテ提供、以下同)
これだと形が...。気象予報士コアラ(写真はロッテ提供、以下同)

しかし、そんなコアラのマーチのデザインに異変が起きているという。

こちらの「気象予報士コアラ」の画像をご覧いただきたい。お馴染みの「マーチくん」というキャラが気象予報士に扮しているのだが、これだとあんまりこの形である意味がない気が...。

ネット上でも「形状のアイデンティティを投げ捨てた」「型にはまらない絵柄」といった声が上がり、注目を集めている。

社会性、話題性などを反映して絵柄を考案

縦向き絵柄のイメージが強いが...(Kankoさん撮影, Wikimedia Commonsより)
縦向き絵柄のイメージが強いが...(Kankoさん撮影, Wikimedia Commonsより)

ロッテの広報担当者は2019年4月19日、Jタウンネット編集部の取材に応じ、型にはまらない絵柄について、

「(気象予報士コアラは)2018年からある絵柄です。今までにない絵柄を考えようという視点からスタートしました。お仕事の絵柄のコアラを増やす中で、子どもの目に触れる機会が多く、馴染みのあるお仕事をピックアップしようということになり、毎日ニュース番組などで目にする『気象予報士コアラ』を選びました」

と回答。ネット上で様々な声が上がっていることについては、

「発売当時から縦向きの絵柄を展開していました。お客様にそのコアラの形を『アイデンティティ』と認識いただけていることを嬉しく思います。また、横向きにするという型にはまらない、新しい絵柄の見せ方で、お客様に提供できる絵柄の価値(たのしさ、ワクワク感、ラッキー感など)を広げることができたのかなと思っております」

と述べた。

担当者によれば社会性、話題性などを反映した新規絵柄を適宜考案しているそうだ。どうやらコアラのマーチも時代にあわせて進化しているよう。これ以外にもユニークな絵柄はあるのか聞くと、

「横向きのものでは、スクープコアラ、鹿児島砂風呂コアラ、ペアコアラがあります。縦向きのもので、珍しいものですと、子どもコアラ、ドローンコアラ、桜コアラがあります」

とおすすめを紹介してくれた。

スクープコアラ
スクープコアラ

鹿児島砂風呂コアラ
鹿児島砂風呂コアラ

子どもコアラ
子どもコアラ

桜コアラ
桜コアラ

改めて見てみると、「こんな絵柄もあったのか!」と驚きを隠しきれない。担当者も、

「今年は、コアラのマーチが発売35周年を迎えて、絵柄募集キャンペーンを行っております。SNSでも『子どもコアラ』やお客様が描いた絵柄を投稿していただき、続々と話題になっております。食べる前のコミュニケーションがリアルやSNSでも生まれていて、商品担当者として、とても嬉しく思っております」

とコメントしていた。

コアラのマーチを食べる際はぜひ絵柄にも注目されたい。

PAGETOP