ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
実録!ご近所トラブル
きょうの難読地名
のりものトラブル
クイズ
地域差・ランキング

<東京暮らし(7)>野村萬斎さんに聞きました

中島 早苗

中島 早苗

2018.12.30 11:00

<文 中島早苗(東京新聞情報紙「暮らすめいと」編集長)>

狂言師で演出家の野村萬斎さんに話を聞く機会を得た。

萬斎さんといえば、2020年東京五輪・パラリンピック組織委から、同開閉会式・総合統括に指名され、今最も忙しい日本の顔としても知られる。

野村萬斎さんは1966年、東京都練馬区出身。父・万作さんは人間国宝(撮影/岡田晃奈)
野村萬斎さんは1966年、東京都練馬区出身。父・万作さんは人間国宝(撮影/岡田晃奈)

東京新聞Webでも、記者会見で萬斎さんが演出について「深い和の精神を発信したい」と発表した内容を伝えている。

インタビュー当日、袴姿で現れた萬斎さんはスレンダーで、何より姿勢が良い。写真撮影のために、稽古場の舞台でピタリと型を決めてくれた時も、微動だにしない。

「体幹トレーニングなど、何か特別に体を鍛えてらっしゃるのですか」との筆者の質問に、「いえ、しません。稽古が体幹トレーニングになっているのでしょうね」。

さすが芸歴約50年、お見事である。

伝統芸能の狂言師としての活動と、東京五輪・パラの式典の演出について、萬斎さんの話をインタビュー形式で記してみたい。

「生を謳歌する『復興五輪』にしたい」
続きを読む

今、あなたにオススメ

PAGETOP