ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

奈良公園で「シカに噛まれた!」 中国人観光客からの訴えが多い理由

野口 博之

野口 博之

2018.02.13 06:00

けがをしたという通報が今年度160件超と過去最多に

奈良公園では、鹿せんべい以外の食べ物を与えないよう呼びかけている。ところが、その与え方によって、シカに噛まれたり突き飛ばされたりしてけがをするケースが多発している。

奈良公園のシカ(Yanajin33さん撮影、Wikimedia Commonsから)
奈良公園のシカ(Yanajin33さん撮影、Wikimedia Commonsから)

県などのまとめによると、公園を訪れた観光客が噛まれるなどしてけがをしたという通報は、2017年度は、18年1月末現在で164件に達した。これは、16年度より46件多く、過去最多になっている。

奈良を訪れる外国人観光客が年々増えており、164件の8割が外国人となっている。そのうち、8割を中国人が占めている。つまり、通報の過半数は中国人ということだ。

シカによるけがについては、県が立ち上げ、民間の鹿サポーターズクラブが運営する「奈良公園のシカ相談室」が問い合わせに応じたり、園内をパトロールしたりしている。室長の吉村明眞(あきまさ)さん(59)は2月8日、Jタウンネットの取材に対し、けがをするケースについてこう明かした。

「鹿せんべいをあげたときに、シカをじらすと噛まれますね。写真を撮ろうとしたり、小さな子供にあげさせたりするときなどです。さっさとあげて、怖いと思ったら、撒いてしまうのも手ですよ。中には、いつまでもシカにおじぎさせて、脇腹を噛まれたり、かわいいと思ったシカだけにあげて、横のシカに噛まれたりすることもありましたね」

シカに突き飛ばされるなどして病院へ行った結果、骨折につながったケースも中にはある。

「中国で狂犬病の死者が多いため、訴え出る人が多い」
続きを読む
PAGETOP