「湘南はどこからどこまで?」意識調査で真の「範囲」が明らかに!

2015年10月30日 06:00

湘南は相模湾の神奈川県エリアを指すが、その範囲については諸説あってはっきりしない。
終わりの見えない神学論争ともいうべきこのテーマに、神奈川県が一石を投じたのは2014年秋のこと。ご当地の海の魅力を世界に向けて発信するプロジェクト「かながわシープロジェクト Feel SHONAN」で、次のように宣言したのだ。

「『湘南』と聞いて、どんなイメージを持ちますか?サーフィン?ヨット?海水浴? ていうか『湘南』ってどこ?湯河原から三浦までの相模湾沿岸を『湘南』と呼びます!」

2014年10月7日にJタウンネットがこの話題を取り上げたところ(参照:長年の論争「『湘南』はどこからどこまでか」問題についに終止符が打たれる!)、各方面から様々な反響があった。寄せられた意見は三者三様で、県のメッセージで湘南の範囲論争が収束するどころか、混迷を深めた感がある。なお、先述の宣言を盛り込んだFeel SHONANトップページは別の文言に差し替えられている。

記事の最後にアンケート「湘南の範囲はどこまでだと思いますか?」を設けたところ、約1年の投票期間中、全国から8882票の投票が寄せられた。
日本で暮らす人たちは、どこからどこまでを湘南だと思っているのだろうか。

神奈川県の地図(編集部作成)
神奈川県の地図(編集部作成)

湘南の本丸は「藤沢と茅ヶ崎」で決まり!

選択肢は全部で10項目。9番目の「旧湘南村のみ」は、相模原市緑区に1955年まで存在した自治体のことだ(参照:「湘南小学校」が海岸ではなく相模原の山奥にある意外な理由 幻の「湘南村」とは...)。

各選択肢の行政区域と得票率をまとめたのが下の図だ。一番得票率が高かったのは「茅ヶ崎~葉山」で34.4%。次いで多かったのは「大磯~葉山」で26.4%だった、大磯には湘南発祥之碑があるのに――。
湘南人を自認する相模川西岸住民の歯ぎしりが聞こえてきそうだが、むしろ「西湘」(せいしょう)に分類されるべきということか。ちなみに西湘の中心都市は小田原といわれる。

town20151027231837.jpg
town20151027233054.jpg
town20151029232541.jpg
town20151027231917.jpg
town20151029232556.jpg

かながわシープロジェクト案は支持者5%以下

「湘南市構想エリア」の得票率は10%に満たなかった。湘南市が実現すれば人口は80万人を超え、神奈川県で4番目の政令指定都市入りも夢ではない。しかし、合併から10年が経過しても浦和vs大宮の紛争が続くさいたま市の現状を見れば、現状のままがベターなのだろう。

また、かながわシープロジェクトで県が唱えた「湯河原から三浦まで」はたった4.5%しか支持されなかった。長い時間をかければ県民、いや日本人の意識も変わるかもしれないが、「湯河原や真鶴はさすがに無理がある」という声はツイッターを中心に根強い。

自治体ごとに得票率をカウントした結果は?

少し見方を変えて、投票結果を星取表の形式にまとめた。一番下の行の「湘南指数」は編集部考案の数値で、該当する自治体の合計得票率を示す。この値が高いほど、全国から「湘南にふさわしい地域」と思われているというわけだ。

town20151027100746.jpg

湘南指数が高いのは茅ヶ崎・藤沢で90%を超えた。これに対して大磯・平塚は50%に達していない。

「湘南に括られるよりも独自のハイソ路線を歩みたい」「湘南は田舎っぽいイメージがある」――そんな声も挙がる鎌倉、逗子、葉山の3自治体。しかし湘南指数を見てみると、大磯・平塚を上回る66.3%もあった。

60%を及第点とするならば、茅ヶ崎・藤沢・鎌倉・逗子・葉山――以上の5自治体が湘南の称号にふさわしい。

最後に。茅ヶ崎の北隣に位置する寒川について、「茅ヶ崎・藤沢」のグループに含めるべきか迷ったが、相模湾に直接面していない点を重視し、今回のアンケート結果では項目を分けた。

「地域差・ランキング」の最新記事

2018/4/20 06:00

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けよ...

2018/3/30 06:00

「メロンパン」が好きな人はけっこう多い。カリカリとした食感で、たしかに甘いが、けっして甘すぎず、なんとも言えない良い香りが人気だ。 だが、ちょっと待って...

2018/3/16 06:00

うどんやそばの上に乗っている、エビやいかなどの天ぷら、コロッケといった揚げ物。...

2018/3/9 06:00

春が近いとはいえ、朝晩は寒い日が続く。灯油用ポリタンクにも、まだまだ働いてもらわなければならない。 灯油用のポリタンクといえば、関東では赤い色が一般的だ...

2018/2/9 06:00

「恵方巻き」をめぐる論争が、今年も派手に繰り広げられた。朝日新聞デジタルは、2018年2月3日、「恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも...」...

東京都 最新記事
2018/4/25

江上茂雄は義務教育以降、美術の専門的教育を一切受けず、独学で、身近にある画材「クレパス」「クレヨン」「水彩」そして「木版」による制作を生涯続けました。特に...

2018/4/25

子供のころ誰もが手にしたことのあるクレパス。クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明されました。画面によく定着し...

2018/4/25

かつてレースは、ヨーロッパの王侯貴族たちの間で富と権力の象徴として流行し、歴史上、常に重要な価値を持ってきました。熟練した職人たちが長い時間をかけて手作業...

2018/4/25

アメリカのアーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク(1943~78)のアジア初となる大回顧展。大学で建築を学んだマッタ=クラークは、美術へと活動の舞台を移...

2018/4/25

1964(昭和39)年10月1日に東京~新大阪間で開業した東海道新幹線は、世界で初めて時速200km超での営業運転を実現し、日本と世界の鉄道に高速化という...

アクセスランキング
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ