「湘南はどこからどこまで?」意識調査で真の「範囲」が明らかに!

2015年10月30日 06:00

湘南は相模湾の神奈川県エリアを指すが、その範囲については諸説あってはっきりしない。
終わりの見えない神学論争ともいうべきこのテーマに、神奈川県が一石を投じたのは2014年秋のこと。ご当地の海の魅力を世界に向けて発信するプロジェクト「かながわシープロジェクト Feel SHONAN」で、次のように宣言したのだ。

「『湘南』と聞いて、どんなイメージを持ちますか?サーフィン?ヨット?海水浴? ていうか『湘南』ってどこ?湯河原から三浦までの相模湾沿岸を『湘南』と呼びます!」

2014年10月7日にJタウンネットがこの話題を取り上げたところ(参照:長年の論争「『湘南』はどこからどこまでか」問題についに終止符が打たれる!)、各方面から様々な反響があった。寄せられた意見は三者三様で、県のメッセージで湘南の範囲論争が収束するどころか、混迷を深めた感がある。なお、先述の宣言を盛り込んだFeel SHONANトップページは別の文言に差し替えられている。

記事の最後にアンケート「湘南の範囲はどこまでだと思いますか?」を設けたところ、約1年の投票期間中、全国から8882票の投票が寄せられた。
日本で暮らす人たちは、どこからどこまでを湘南だと思っているのだろうか。

神奈川県の地図(編集部作成)
神奈川県の地図(編集部作成)

湘南の本丸は「藤沢と茅ヶ崎」で決まり!

選択肢は全部で10項目。9番目の「旧湘南村のみ」は、相模原市緑区に1955年まで存在した自治体のことだ(参照:「湘南小学校」が海岸ではなく相模原の山奥にある意外な理由 幻の「湘南村」とは...)。

各選択肢の行政区域と得票率をまとめたのが下の図だ。一番得票率が高かったのは「茅ヶ崎~葉山」で34.4%。次いで多かったのは「大磯~葉山」で26.4%だった、大磯には湘南発祥之碑があるのに――。
湘南人を自認する相模川西岸住民の歯ぎしりが聞こえてきそうだが、むしろ「西湘」(せいしょう)に分類されるべきということか。ちなみに西湘の中心都市は小田原といわれる。

town20151027231837.jpg
town20151027233054.jpg
town20151029232541.jpg
town20151027231917.jpg
town20151029232556.jpg

かながわシープロジェクト案は支持者5%以下

「湘南市構想エリア」の得票率は10%に満たなかった。湘南市が実現すれば人口は80万人を超え、神奈川県で4番目の政令指定都市入りも夢ではない。しかし、合併から10年が経過しても浦和vs大宮の紛争が続くさいたま市の現状を見れば、現状のままがベターなのだろう。

また、かながわシープロジェクトで県が唱えた「湯河原から三浦まで」はたった4.5%しか支持されなかった。長い時間をかければ県民、いや日本人の意識も変わるかもしれないが、「湯河原や真鶴はさすがに無理がある」という声はツイッターを中心に根強い。

自治体ごとに得票率をカウントした結果は?

少し見方を変えて、投票結果を星取表の形式にまとめた。一番下の行の「湘南指数」は編集部考案の数値で、該当する自治体の合計得票率を示す。この値が高いほど、全国から「湘南にふさわしい地域」と思われているというわけだ。

town20151027100746.jpg

湘南指数が高いのは茅ヶ崎・藤沢で90%を超えた。これに対して大磯・平塚は50%に達していない。

「湘南に括られるよりも独自のハイソ路線を歩みたい」「湘南は田舎っぽいイメージがある」――そんな声も挙がる鎌倉、逗子、葉山の3自治体。しかし湘南指数を見てみると、大磯・平塚を上回る66.3%もあった。

60%を及第点とするならば、茅ヶ崎・藤沢・鎌倉・逗子・葉山――以上の5自治体が湘南の称号にふさわしい。

最後に。茅ヶ崎の北隣に位置する寒川について、「茅ヶ崎・藤沢」のグループに含めるべきか迷ったが、相模湾に直接面していない点を重視し、今回のアンケート結果では項目を分けた。

「地域差・ランキング」の最新記事

2017/6/23 06:00

2017年のプロ野球は交流戦を終え、シーズンの折り返し地点に差しかかった。昨年Bクラスの楽天が開幕序盤から首位に立ち、優勝候補の筆頭といわれた巨人が悪夢の...

2017/6/16 06:00

魚肉のすり身を成型し、油で揚げたシンプルな料理で、軽く焼き、ショウガ醤油やからし醤油などを付けて食べる。おでん、うどん、煮物などの材料にも用いられる。そう...

2017/6/9 06:00

つぶした具材をパン粉で包んでカラッとフライするコロッケとメンチカツ。調理法のみならず、お肉屋さんの定番なところ、そしてやたらと美味しいなど、数々の共通点を...

2017/6/2 06:00

どんぶりにご飯と魚介類を盛った「海鮮丼」。一杯で様々な刺身を堪能できる見事な料理だ。場所と季節によって具が異なる場合も多く、数ある丼ものの中でも「多様性」...

2017/5/26 06:00

Jタウン研究所では、「小麦粉団子を入れた汁物」の呼び名について、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数962票、2017年4月14日~5月22日)。...

東京都 最新記事
2017/6/24

現代ではお正月のかるた大会でお馴染みの小倉百人一首。しかし何故お正月の風物詩になったのかはっきりした理由はわかっていません。ほかにも成立事情や選ばれた和歌...

2017/6/24

この企画では、「わたせせいぞう-心の軌跡-ハートカクテルの誕生」と題し、デビュー当時に描いていたナンセンス漫画からハートカクテルまでの作品(1974~19...

2017/6/24

朝起きてから寝るまで、私たちはたくさんの道具を使って暮らしています。一体だれがどうやって考え、どのようにつくり、そしてどんな人が使うのでしょう。本展では、...

2017/6/24

TWS-Emergingは、公募展「トーキョーワンダーウォール(TWW)」から選ばれた若手アーティストがTWSで個展形式の展覧会を行うプログラムです。7/...

2017/6/24

「床の間」「茶室」「濃茶」「取り合わせ」など、茶の湯に関するキーワードで展示を構成し、茶道具の鑑賞のポイントをご紹介いたします。本展は、昨夏ご好評いただい...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    3
    10年平均比
    -70.30%
    前週比
    +200.00%
  2. 2
    2
    233.33%
    +100.00%
  3. 3
    70
    -19.08%
    +79.49%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    ↑(4)
  3. 3

    ↑(5)
  4. 4

    ↓(3)
  5. 5

    ↑(32415)
注目情報
ムシ

毎年6月は、国土交通省と不正改造防止推進協議会による「不正改造車を排除する運動」強化月間...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ