ガチで遭難しかねない!? 面積日本一「北海道大学」が広大すぎる

2015年5月 7日 17:19

日本の大学の中で、キャンパスや研修施設などを総合した敷地総面積が一番大きいのは、いったいどこか?ご存じだろうか。

そう、北海道大学である。約6億6000万平方メートル、ちょっと聞いただけでは想像もできない。演習や研究のための施設や広大な森林など、キャンパス以外の施設の面積がとてつもなく広いからだ。 同大学ウェブサイトによると、日本の国土の約570分の1の面積とのこと。札幌キャンパスだけで約177万平方メートルという。

6億6000万、と比べると177万は大したことないように思えるが、それでも東京ドーム38個分に達する。同大学札幌キャンパスがいかに広いかが、2015年4月25日、次のようにツイッター上に発信され、注目を集めている。

上記ツイートでは、東京の地図に重ねて比較を試みている。「神田駅から秋葉原はおろか、御徒町をも越えて上野は旧博物館動物園駅にまで達する」と、記載されている。「受験生が迂闊にクラーク像に寄り道して迷子になったり、冬場に遭難者が出る理由がわかるだろうか」と付け加える。

これには下記のようなコメントが寄せられた。

東京大学の面積は北大の4分の1だが、地価で比較したら東大の方が......という突っ込みである。たしかにそうかもしれない。

「少年よ大志を抱け!」で知られるクラーク博士の像は、北大のキャンパスの中の胸像がオリジナルだ。右手を挙げる独特のポーズの立像は、羊ケ丘展望台にある。冬場に立像のクラーク像を探して歩くと、遭難の可能性もあるかもしれない。

北海道大学構内(Sun Taroさん撮影,Flickrより)
IMG_2006

歩けない距離ではない、という人も......

北大卒業生からも続々とコメントが届く。

寮で生活していたころの思い出も寄せられる。逆に、東京在住者からだろうか、「待てよ、そのくらい歩けない距離ではない」という意見も届く。

「昔、東京から秋葉とか秋葉から上野とか歩いた」という人もいれば、「上野公園から後楽園の場外までちょくちょく歩いてました」というと証言する人も現れた。皆さん、若かったのだ。電車賃を節約するためなのか、けっこう歩いた記憶を持つ人は多いようだ。しかも学生時代は時間はたっぷりあったわけだし。北大のキャンパスの中を歩くのは退屈でも、東京の下町を歩くのはけっこう楽しいからだろうか。

しかし、冬の北海道の寒さを知らない東京人のコメントを、北海道人はきっと冷ややかに見ていることだろう。そんな発言は、マイナス10度の風雪の中を上野公園から後楽園までの距離を歩いてからにして欲しい、と思っているに違いない。

「話題の画像」の最新記事

2018/6/15 11:00

いま、ツイッター上で、とあるマグカップが話題になっている。 ...

2018/6/14 11:00

海禅寺副住職・薬師寺寛邦さん(画像提供:iroha records キッサコ) 「般若心経」(はんにゃしんぎょう)、読者の...

2018/6/13 06:00

チョイワル風...、実は?(画像提供:西都市役所) 上の写真をご覧いただきたい。左手で上着を肩にかけ、右手に持ったカラー...

2018/6/11 20:00

皆さんも自分が住んでいるところに「役所」が必ずあるわけだが、一体どんな形をしているのかを思い出すことはできるだろうか......こう考えてみると、役所の外...

2018/6/11 17:00

投稿者がとらえたペットの画像が「すごいw!」――こんなツイートが2018年5月25日に投稿され、話題になっている。...

東京都 最新記事
2018/6/18

大阪府をはじめ関西地方を、通勤・通学の時間帯に大きな地震が襲った。気象庁の発表によると、2018年6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とした最大震度6...

2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ