「実は方言だった言葉」関西編...「『ほる』は関西弁で、『ほかす』が標準語やろ。え、違うの!?」

2015年10月27日 06:00

大阪人であるAさん(50代)の体験談だ。当時学生だったAさんは、関東出身の友人に、あるものを「捨てて」くれるよう頼もうとした。普段なら、

「これほって」

と言うところだが、「『ほる』は関西弁だから、友人には通じないかもしれない」と思ったAさん、気を利かしたつもりで、

「これほかして」

と、「共通語風のイントネーションで、丁寧めに」頼んだ。もちろん、友人はポカン。そう、「ほる」だけではなく、「ほかす」も関西弁だったのである。

「なおして」「壊れてないよ?」

京都府の会社員・Bさんも、関東で「ほかす」が通じず驚いた一人だ。

「あるとき関東の工場へ出張し、仕事が終わってから現地の社員に『ごみはほかしといてくださいね』と言ったら『ほかす? 何のこと?』と言われるし、『道具は元になおしといてね』と言ったら『別に壊れてないっすよ』と言われるし......。まさか方言とは思いもよらず、予想外のカルチャーショックでした」

ちなみに「ほかす」は禅用語の「放下(ほうか)」に由来するという。「ほる」より共通語っぽい、という認識は、その辺りにあるのかも。

というわけで、Jタウンネットで何度か実施してきた「共通語だと思っていたけど、実は方言だった言葉」特集、(前回から間が空いてしまったが)今回は関西の読者からの投稿を紹介したい。

関西人の「実は方言」体験は?(編集部作成)
関西人の「実は方言」体験は?(編集部作成)

「鍵を落として」と頼んだら、そっと置かれた

続いては、奈良県のCさん(20代女性)のエピソード。

「出かけるとき、『裏口から出るから、玄関の鍵を落としといて!』と県外の友達に言うと、友達はその場で鍵を床に置きました。『......何してるの?』と聞くと、『このまま落として折れると危ないからそっと置いたんだけど......ダメだった?』と。普通に『鍵閉めて』と言えばよかったと思った瞬間でした」

「鍵を落とす」=鍵を閉める。錠前などが使われていた古い扉のイメージからだろうか。奈良を中心に、大阪の一部でも言うところがあるそうだ。それにしても、友人の対応がかわいいエピソードである。

響きは標準語っぽいのに

高尾山に出かけた、やはり奈良県のDさん(50代女性)。

「標準語のつもりで、『バス、あと半時間来ないね』って言ったら、『え? 3時間?』って言われた。『1日の半分は半日、1年の半分は半年って言うでしょ? じゃあ1時間の半分は半時間じゃないの?』って言いましたが、『言わない~!』と返されてしまいました」

実際、戦前の文章などを読むと普通に「半時間」という言葉が使われている。時代が下るとともに関東などでは次第に廃れ、関西を中心に方言として残ったもののようだ。

播州弁では熊手を「がんじき」

Eさんは、兵庫県は播州地方の生まれだ。

「一般的には『熊手』か『落ち葉かき』と呼ばれるものを『がんじき』と呼びます。長いこと共通語だと思っていました」

「がんじき」は兵庫県の中でも、旧播磨国エリアでもっぱら使われるいわゆる「播州弁」の1つだという。同じ関西圏でも通じないところが多いが、投稿にある通り地元では、共通語だと思い込まれるほど一般的らしい。

めばちこの「ばちこ」って何よ

首都圏で「ものもらい」と呼ぶ目の病気、麦粒腫は地方ごとの呼び方の差が激しいことで有名だ。以前関東編で「めかいこ」(群馬)を取り上げたが、兵庫県のFさん(40代男性)からは「めばちこ」が投稿された。

「他地域の方にはまったく通じませんでした。通じないことが分かってから、『ばちこってなんやねん??』と疑問を抱いています(笑)」

ロート製薬のウェブサイト「ものもらいMAP」によれば、「めばちこ」は兵庫のほか大阪、奈良などを中心に使われている言葉だという。ちなみに「ばちこ」の意味は、目を「ぱちぱち」する、という説のほか、いわゆる「乞食」を指す「鉢(鉢坊主)」由来、という話もあるとのことだ。

あなたが「共通語だと思い込んでいた方言」、募集しています

Jタウンネットでは、あなたが「共通語だと思い込んでいた方言」についての情報を募集しています。寄稿フォームないしはメール(toko@j-town.net)で、該当する言葉とそれに関係するエピソード、お住まいの都道府県、あなたの年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。採用者には、Amazonギフト券150円分を進呈します。
なお、いただいた投稿の一部を改変・編集する場合があります。あらかじめご了承ください。

「読者投稿」の最新記事

2017/3/24 21:00

先日このコーナーで、「町内会に入りたがらないお隣に辟易」しているという、北海道の男性からの投稿を取り上げた。...

2017/3/20 21:00

漫画なんかに登場する「近所のおばさん」といえば、やたら噂話好きで、他人のことを詮索したがる人物として描かれることが多い。...

2017/3/18 21:00

しばしば問題になる、町内会加入問題。あえて「参加しない」という姿勢を貫く人も最近目立つが、それをどうしても許せない人も、世の中にはいるらしい。...

2017/3/10 21:00

このコーナーでも何度か取り上げている、まったく話の通じない「モンスター隣人」。...

2017/3/8 21:00

洗濯物をやわらかく、いい香りにしてくれる――ということで人気を呼んでいる柔軟剤。ところが、その「香り」......もとい、「におい」に関するトラブルも、最...

東京都 最新記事
2017/3/28

ホットカーペットの下へ入り込んだ猫の様子が可愛らしい――こんなツイートが2017年3月12日に投稿された。バカめそれで隠れたつもりか pic.twitte...

2017/3/28

桜の開花の声を聞くころ、毎年と言っていいほど江戸の桜の名所を紹介している。今回紹介する桜の名所は、冒頭画像の浮世絵の場所だ。まっすぐに並んだ桜が満開だ。実...

2017/3/28

仏教美術と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。代表的なものとして、仏の姿を彫刻や絵画として表した仏像・仏画が挙げられるでしょう。そのほかにもいろいろな...

2017/3/28

森鴎外は、草花を好みました。自邸・観潮楼の庭に植えたたくさんの草花の様子を、日記や『花暦』に記しているほか、作品の中にも数多くの草花が登場します。本展では...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ