「実は方言だった言葉」関西編...「『ほる』は関西弁で、『ほかす』が標準語やろ。え、違うの!?」

2015年10月27日 06:00

大阪人であるAさん(50代)の体験談だ。当時学生だったAさんは、関東出身の友人に、あるものを「捨てて」くれるよう頼もうとした。普段なら、

「これほって」

と言うところだが、「『ほる』は関西弁だから、友人には通じないかもしれない」と思ったAさん、気を利かしたつもりで、

「これほかして」

と、「共通語風のイントネーションで、丁寧めに」頼んだ。もちろん、友人はポカン。そう、「ほる」だけではなく、「ほかす」も関西弁だったのである。

「なおして」「壊れてないよ?」

京都府の会社員・Bさんも、関東で「ほかす」が通じず驚いた一人だ。

「あるとき関東の工場へ出張し、仕事が終わってから現地の社員に『ごみはほかしといてくださいね』と言ったら『ほかす? 何のこと?』と言われるし、『道具は元になおしといてね』と言ったら『別に壊れてないっすよ』と言われるし......。まさか方言とは思いもよらず、予想外のカルチャーショックでした」

ちなみに「ほかす」は禅用語の「放下(ほうか)」に由来するという。「ほる」より共通語っぽい、という認識は、その辺りにあるのかも。

というわけで、Jタウンネットで何度か実施してきた「共通語だと思っていたけど、実は方言だった言葉」特集、(前回から間が空いてしまったが)今回は関西の読者からの投稿を紹介したい。

関西人の「実は方言」体験は?(編集部作成)
関西人の「実は方言」体験は?(編集部作成)

「鍵を落として」と頼んだら、そっと置かれた

続いては、奈良県のCさん(20代女性)のエピソード。

「出かけるとき、『裏口から出るから、玄関の鍵を落としといて!』と県外の友達に言うと、友達はその場で鍵を床に置きました。『......何してるの?』と聞くと、『このまま落として折れると危ないからそっと置いたんだけど......ダメだった?』と。普通に『鍵閉めて』と言えばよかったと思った瞬間でした」

「鍵を落とす」=鍵を閉める。錠前などが使われていた古い扉のイメージからだろうか。奈良を中心に、大阪の一部でも言うところがあるそうだ。それにしても、友人の対応がかわいいエピソードである。

響きは標準語っぽいのに

高尾山に出かけた、やはり奈良県のDさん(50代女性)。

「標準語のつもりで、『バス、あと半時間来ないね』って言ったら、『え? 3時間?』って言われた。『1日の半分は半日、1年の半分は半年って言うでしょ? じゃあ1時間の半分は半時間じゃないの?』って言いましたが、『言わない~!』と返されてしまいました」

実際、戦前の文章などを読むと普通に「半時間」という言葉が使われている。時代が下るとともに関東などでは次第に廃れ、関西を中心に方言として残ったもののようだ。

播州弁では熊手を「がんじき」

Eさんは、兵庫県は播州地方の生まれだ。

「一般的には『熊手』か『落ち葉かき』と呼ばれるものを『がんじき』と呼びます。長いこと共通語だと思っていました」

「がんじき」は兵庫県の中でも、旧播磨国エリアでもっぱら使われるいわゆる「播州弁」の1つだという。同じ関西圏でも通じないところが多いが、投稿にある通り地元では、共通語だと思い込まれるほど一般的らしい。

めばちこの「ばちこ」って何よ

首都圏で「ものもらい」と呼ぶ目の病気、麦粒腫は地方ごとの呼び方の差が激しいことで有名だ。以前関東編で「めかいこ」(群馬)を取り上げたが、兵庫県のFさん(40代男性)からは「めばちこ」が投稿された。

「他地域の方にはまったく通じませんでした。通じないことが分かってから、『ばちこってなんやねん??』と疑問を抱いています(笑)」

ロート製薬のウェブサイト「ものもらいMAP」によれば、「めばちこ」は兵庫のほか大阪、奈良などを中心に使われている言葉だという。ちなみに「ばちこ」の意味は、目を「ぱちぱち」する、という説のほか、いわゆる「乞食」を指す「鉢(鉢坊主)」由来、という話もあるとのことだ。

あなたが「共通語だと思い込んでいた方言」、募集しています

Jタウンネットでは、あなたが「共通語だと思い込んでいた方言」についての情報を募集しています。寄稿フォームないしはメール(toko@j-town.net)で、該当する言葉とそれに関係するエピソード、お住まいの都道府県、あなたの年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。採用者には、Amazonギフト券150円分を進呈します。
なお、いただいた投稿の一部を改変・編集する場合があります。あらかじめご了承ください。

「読者投稿」の最新記事

2018/5/18 20:00

集合住宅での「騒音トラブル」。このコーナーでは、いままでにもさまざまなケースを紹介してきた。今回は、階下からクレームを受け、心当たりはなかったけれど、自腹...

2018/5/11 22:00

アパートなどの集合住宅に住めば、多かれ少なかれ物音や話し声などで隣人の気配を感じることがある。その音が頻繁だったり、うるさかったりすればトラブルに発展する...

2018/5/3 20:00

夜間の防犯対策として欠かせないのは、照明器具だ。最近では特別な工事が必要なく、手軽に設置できるLEDライトも多く売られている。...

2018/4/21 20:00

車社会では、駐車マナーに関するトラブルは、後を絶たない。以前、このコーナーで「迷惑駐車がジャマで駐車場に入れない!注意しても開き直る常習犯」の記事を紹介し...

2018/4/15 20:00

もし、このコーナーに寄せられたトラブル内容をランキングにしたら、おそらく上位には、住宅地の路上で遊び、周囲に迷惑をかけている「道路族」に関する問題が入って...

東京都 最新記事
2018/5/24

2018年5月20日頃からツイッター上で、ハトに餌を与えないよう啓発しているポスターが、「意識の高い鳩」とツイートされ話題となっている。このポスター、いっ...

2018/5/24

中国大陸から、黄砂がやってくる――。気象庁公式サイトの「黄砂情報(予測図)」を見ると、2018年5月24日12時頃から27日3時頃にかけて、中国大陸から日...

2018/5/24

インターネットを初めとしたITに関わる技術は、今や我々の生活になくてはならないものとなっており、「AI」という言葉を聞く機会も増えてきた。AIとは「Art...

2018/5/24

東京都中央区にある日本橋の上を走る首都高速道路を地下に移して、日本橋の景観を取り戻そうという動きがあることはご存じだろう。「あ、テレビCMで観たことが.....

2018/5/24

「自分の希望や思いが通らぬのが人生であり、世の中です。自分の思いが通らぬということは、ことばを変えれば〈負け〉ですね。」これが相田みつをの人生観でした。続...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ