あの「レイバンスパム」で買い物をしたら、本当にサングラスは届くのか

2016年8月31日 06:00
一時期流行った「レイバンスパム」の正体に迫る
一時期流行った「レイバンスパム」の正体に迫る

ひところツイッターやFacebookなどで、「レイバン(Ray-Ban)」のスパムが猛威をふるったことを、あなたは覚えているだろうか。

アカウントを乗っ取り、「ファッションレイバンのサングラス今日限り3499円」などと、怪しい日本語でレイバンのサングラスを買わせようとしてくるこのスパム。その誘導先は、中国などの「詐欺サイト」「偽造品サイト」といわれ、公式などは不用意に購入しないよう呼びかけている。

town20160830142554.jpg

でも、実際のところはどうなのだろうか。そもそも本当に届くのか、届いたとして、それは本物なのか偽物なのか。

今回のJタウン探検隊ではレイバンスパムの正体を探るべく、T編集長が実際に、このスパムに「引っかかってみた」。

公式ショップをパクった怪しい通販サイト

今回見つけ出したのは、「レイバン会社」を名乗るアカウントがFacebookで投稿していた、こんなスパムメッセージだ。

「レイバンの年次慈善のイベントのすべてのサングラスは3499円の価格をメガネ!イベントは3日間持続します!」

うーん。すでに日本語がおかしい。「メガネ!」って。

とりあえず、この投稿にあるURLに飛んでみる。

town20160830142650.jpg

一見すると、レイバンの公式オンラインショップにそっくりだ。というか、完全にパクっている。これでもかというほどに掲げられたロゴが余計に怪しい。

商品一覧ページはこんな感じ。掲載されているのは、すべておなじみのレイバンのサングラスだが......。

town20160830142724.jpg

比較的それらしくみせている商品ページに対して、「このサイトについて」のコーナーは完全に日本語が崩壊している。「ご利用規約」は真っ白、連絡先や会社概要に至ってはページ自体が見つからない。雑な作りである。

town20160830142744.jpg

town20160830142802.jpg

とりあえず、実際に商品を購入してみることに。値段は3499円。本物が2万円近いことを考えれば、「まあ安いものか......」と思っていたが、なんと送料として2300円がプラスされる。合計5799円だ。シャレで買うには結構キツい。

そして、2週間後...

めちゃくちゃな日本語に苦戦しつつも、なんとか購入を完了。ちなみにさすがに得体の知れない相手にクレジットカード情報を渡すのは怖いので、今回はプリペイドカードを使っている。

注文するT編集長。「領収書切れるかな......」
注文するT編集長。「領収書切れるかな......」

普通なら注文確認のメールなどが届くところだが、あいにくそうしたサービスはいっさいなし。マイページから確認しても、「Processing(処理中)」とあるのみで、到着の見込みなども一切わからない。

本当に届くのだろうか――期待せずに待つこと、およそ2週間。郵便受けに、くしゃくしゃの袋に入った国際郵便物が届いていた。中国からである。

「ほ、本当に届いた!」
「いやー、お金をどぶに捨てたかと思った」と喜ぶT編集長に、お隣のJ-CASTニュース編集部のS記者が、「いくら戻って来たかは微妙なところだけどね......」と辛辣な一言。
「いやー、お金をどぶに捨てたかと思った」と喜ぶT編集長に、お隣のJ-CASTニュース編集部のS記者が、「いくら戻って来たかは微妙なところだけどね......」と辛辣な一言。

送り主の名前として記されていたのは、広東省F市にあるという「C貿易有限公司」である。また、明細の名義には、「Y」という会社名が。調べてみると、F市に同じ名前の企業が存在していたが、それ以上の詳細は分からなかった。

town20160830143231.jpg

本当の価格は、なんと8ドル

さあ、開封だ。

town20160830143250.jpg

現れたのは、ベコベコにへこんだ箱である。一応、デザインは本物と同じだが、本来必ず貼ってあるはずの商品ステッカーなどはない。

town20160830143308.jpg

ケースも、一応それらしいが......。うーん。

さあ、いよいよ「レイバン」とご対面――。

town20160830143334.jpg

これが中国からやってきた「レイバン」だ!

town20160830143353.jpg

town20160830143435.jpg

うーん。一応、商品タグやシール、また「Ray-Ban」の印字などは入っているけれど......。

town20160830143412.jpg

「本物」を持っている先輩記者がのぞきこんで、「なーんか安っぽい気がするなあ」。

town20160830143452.jpg

town20160830143506.jpg

果たして本物か、偽物か――そうそう、そういえば小包ラベルに、気になることが書いてあった。内容品の「価格」の欄があるのだが、そのお値段がなんと――

town20160830143551.jpg

USD:8.00。8ドル。800円強。

もう、これ以上言葉はいらないだろう。

とりあえず実際にかけてみました

せっかく買ったので、T編集長が偽レイバン(800円)を実際にかけてみることにした。

普段はこんな感じのT編集長が......。

town20160830143625.jpg

偽レイバン(800円)をかけると、こんな感じに。

town20160830143641.jpg

town20160830143702.jpg

town20160830143713.jpg

一気にうさんくささ10割増しである。やっぱりパチモンじゃダメですね。

なお、しばらくして件のサイトを覗いてみたところ、案の定消滅していたことを、最後に付け加えておく。

「オモシロ」の最新記事

2018/2/23 17:00

無料でできるスマホゲームというと、実際には課金要素が組み込まれており無料ではないことが少なくない。だが、2018年2月23日にリリースされたRPG「言な絶...

2018/2/17 14:00

ある高級外車のエンブレムが、驚きの変貌をとげた――こんなツイートが2018年2月1日に投稿され、話題になっている。...

2018/2/15 14:00

偽物の鳥(?)をインコに近づけると、想像を絶する対応をされた――こんなツイートが2018年1月30日に投稿され、話題になっている。...

2018/2/11 14:00

愛情込めて育ったキャベツを食して幸せそうなうさぎが可愛い――こんなツイートが2018年1月30日に投稿され、話題になっている。...

2018/2/10 14:00

エガちゃんばりの逆立ちを披露する猫!?――こんなツイートが2018年1月31日に投稿され、話題になっている。 ...

東京都 最新記事
2018/2/24

東京都西部に位置する日野市。立川市と八王子市に挟まれ、中央線の日野駅と豊田駅を擁するのどかな地域だ。そんな日野市にある豊田駅から、八王子駅方面へ向かう途中...

2018/2/24

イベント詳細ページへ会期2018年10月30日(火) ~ 2019年3月3日(日)会場国立科学博物館所在地〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

2018/2/24

「戦争の残酷さや悲惨さ、軍隊の野蛮さや愚劣さを描きたい」。戦争と軍隊の不条理に耐える初年兵としてこの強い意志を抱いたとき、浜田知明は21歳でした。そして、...

2018/2/24

NHKの音楽番組「みんなのうた」に登場した昔懐かしい歌の世界が、東京都内の博物館で再現され、ツイッター上などで感激の声が上がっている。その歌とは、1984...

2018/2/24

戦後の日本に滞在したアメリカ人鳥類学者、オリバー・L・オースティンJr.は4年間で約1,000点のカラースライドを残しました。本展では、その中から厳選した...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ