「普通の人が、普通のこととして田舎暮らしを楽しむ時代が来た」 ふるさと回帰支援センター・高橋公代表理事に聞く(前編)

2014年12月30日 17:00

JR有楽町駅前にある東京交通会館は、東は北海道から西は福岡まで全国のアンテナショップが入居し、ご当地フードを求める大勢の人でにぎわう。

そんな交通会館の5・6階には、地方移住を希望する都会人をサポートするNPO法人「ふるさと回帰支援センター」がある。2002年の設立当初、1カ月あたりの移住相談件数は10~20人くらいだったが、今ではコンスタントに1000人前後が訪れる。移住希望者だけでなく全国の地方自治体も頼りにする存在になっている。

 

Jタウンネット編集部は2014年12月、同センターを訪れ、ふるさと回帰運動の先頭に立つ高橋公代表理事へのインタビューを行った。高橋代表理事は若者や子育て世代を中心に「都会よりも田舎に希望があると感じる人が増えている」と語る。

ふるさと回帰支援センター代表理事・高橋公さん(編集部撮影)
ふるさと回帰支援センター代表理事・高橋公さん(編集部撮影)

「移住」の最新記事

2016/9/9 18:00

栃木県日光市が、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」と共同で、「LifeTrip日光」を実施する。観光をきっかけにした定住促進を目的に、移住に関しての...

2016/3/15 12:00

「新規就農をめざすチャンスがある」と語る酪農家・梶本希さんは、25歳で新規就農した若手の牧場経営者だ。その言葉の背景にある、酪農の現状とは......? ...

2016/3/8 11:28

広島の里山の課題解決に取り組む首都圏の若者たち (画像:広島県提供) 瀬戸内海に面し、宮島のイメージなどもあって「海辺...

2016/2/24 11:00

石川県かほく市。人口およそ3万5000人のこの地方都市が、一部で注目を集めている。...

東京都 最新記事
2017/6/29

東京都議選の投開票が迫り、各候補者の熱い戦いが繰り広げられている裏で、ある意味では都議選よりも生活に密着している、もう1つの選挙が行われている。その熱い戦...

2017/6/29

東京都写真美術館は、総合開館20周年を記念して「荒木経惟センチメンタルな旅1971–2017–」展を開催します。荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国...

2017/6/29

第一次世界大戦後のパリは芸術の都として再び華やかな季節を迎え、世界中から集まった画家たちは、エコール・ド・パリと呼ばれ活躍しました。日本からも多くの若い画...

2017/6/28

「このタイプの現役稼働は日本でこの一台のみ、と噂のポッカ自販機」があるらしい――。ポッカ(現在はポッカサッポロフード&ビバレッジ)の自動販売機が、ツイッタ...

2017/6/28

本展は、日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して体験していただくという大胆な試みです。時系列ではなく...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    362
    10年平均比
    121.81%
    前週比
    +35.58%
  2. 2
    4
    -50.62%
    +33.33%
  3. 3
    83
    -42.92%
    +18.57%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ムシ

毎年6月は、国土交通省と不正改造防止推進協議会による「不正改造車を排除する運動」強化月間...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ