「普通の人が、普通のこととして田舎暮らしを楽しむ時代が来た」 ふるさと回帰支援センター・高橋公代表理事に聞く(前編)

2014年12月30日 17:00

JR有楽町駅前にある東京交通会館は、東は北海道から西は福岡まで全国のアンテナショップが入居し、ご当地フードを求める大勢の人でにぎわう。

そんな交通会館の5・6階には、地方移住を希望する都会人をサポートするNPO法人「ふるさと回帰支援センター」がある。2002年の設立当初、1カ月あたりの移住相談件数は10~20人くらいだったが、今ではコンスタントに1000人前後が訪れる。移住希望者だけでなく全国の地方自治体も頼りにする存在になっている。

 

Jタウンネット編集部は2014年12月、同センターを訪れ、ふるさと回帰運動の先頭に立つ高橋公代表理事へのインタビューを行った。高橋代表理事は若者や子育て世代を中心に「都会よりも田舎に希望があると感じる人が増えている」と語る。

ふるさと回帰支援センター代表理事・高橋公さん(編集部撮影)
ふるさと回帰支援センター代表理事・高橋公さん(編集部撮影)

「移住」の最新記事

2018/2/10 22:00

「一般財団法人・地域活性化センター」ウェブサイトより 「北海道どさんこプラザ」、「銀座わしたショップ」、「表参道・新潟館...

2016/9/9 18:00

栃木県日光市が、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」と共同で、「LifeTrip日光」を実施する。観光をきっかけにした定住促進を目的に、移住に関しての...

2016/3/15 12:00

「新規就農をめざすチャンスがある」と語る酪農家・梶本希さんは、25歳で新規就農した若手の牧場経営者だ。その言葉の背景にある、酪農の現状とは......? ...

2016/3/8 11:28

広島の里山の課題解決に取り組む首都圏の若者たち (画像:広島県提供) 瀬戸内海に面し、宮島のイメージなどもあって「海辺...

東京都 最新記事
2018/2/23

同展は、1994年に週刊誌で発売されて以来、国境や文化、世代を越えて世界に広がり支持され続けている『名探偵コナン』の世界観をベースに、科学捜査のプロセスを...

2018/2/23

「銭湯行こう」――。ふとそう思いついても、どこに銭湯があるのかわからず、かといっていちいちネットで検索するのも二の足を踏んでしまう。そんな経験をしたことが...

2018/2/23

2017年12月19日からJタウン研究所が実施していた、「『天かす』と『揚げ玉』、どっちが親しみがある?」。18年2月19日に投票を締め切り、その結果が出...

2018/2/22

京浜急行電鉄が2018年2月25日、創立120周年を記念した「優待乗車証2枚」を無料配布します。 買い物の特別優待割引券も配布 優待乗車証イメージ 1セッ...

2018/2/22

平昌五輪出場のカーリング女子選手の「そだねー」がきっかけで、北海道弁が話題になっている。「押ささる(押してしまう等)」「○○かい?(疑問文の末尾につける等...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ