「普通の人が、普通のこととして田舎暮らしを楽しむ時代が来た」 ふるさと回帰支援センター・高橋公代表理事に聞く(前編)

2014年12月30日 17:00

JR有楽町駅前にある東京交通会館は、東は北海道から西は福岡まで全国のアンテナショップが入居し、ご当地フードを求める大勢の人でにぎわう。

そんな交通会館の5・6階には、地方移住を希望する都会人をサポートするNPO法人「ふるさと回帰支援センター」がある。2002年の設立当初、1カ月あたりの移住相談件数は10~20人くらいだったが、今ではコンスタントに1000人前後が訪れる。移住希望者だけでなく全国の地方自治体も頼りにする存在になっている。

 

Jタウンネット編集部は2014年12月、同センターを訪れ、ふるさと回帰運動の先頭に立つ高橋公代表理事へのインタビューを行った。高橋代表理事は若者や子育て世代を中心に「都会よりも田舎に希望があると感じる人が増えている」と語る。

ふるさと回帰支援センター代表理事・高橋公さん(編集部撮影)
ふるさと回帰支援センター代表理事・高橋公さん(編集部撮影)

「移住」の最新記事

2016/9/9 18:00

栃木県日光市が、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター」と共同で、「LifeTrip日光」を実施する。観光をきっかけにした定住促進を目的に、移住に関しての...

2016/3/15 12:00

「新規就農をめざすチャンスがある」と語る酪農家・梶本希さんは、25歳で新規就農した若手の牧場経営者だ。その言葉の背景にある、酪農の現状とは......? ...

2016/3/8 11:28

広島の里山の課題解決に取り組む首都圏の若者たち (画像:広島県提供) 瀬戸内海に面し、宮島のイメージなどもあって「海辺...

2016/2/24 11:00

石川県かほく市。人口およそ3万5000人のこの地方都市が、一部で注目を集めている。...

東京都 最新記事
2017/2/23

待ち合わせ、蒲田じゃなくて京急蒲田だった......、という経験をした人は居ないだろうか。名前は似ているのに、電車で向かうと乗り換える必要があるなど、地味...

2017/2/23

夢と現のあいだを、はだしで散歩するような、あたたかな孤独に包まれて、南桂子(1911-2004)の作品は今もここにあり続けています。のちに20世紀を代表す...

2017/2/23

東京・南阿佐ヶ谷の書店「書原(しょげん)」が、2017年2月19日に閉店した。杉並区役所から、青梅街道をはさんだ正面。地元住民のみならず、多くから惜しむ声...

2017/2/22

温水トイレのパネルが摩耗してしまってボタンの説明がほぼ分からない――こんなツイートが2017年2月13日に投稿され、話題になっている。 文字がすり減って消...

2017/2/21

山形県の早咲き桜「啓翁桜(けいおうざくら)」の枝約3500本が、2017年2月22日から3月10日までの期間限定で、JR東京駅八重洲口地下1階の商業施設「...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    21
    10年平均比
    53.28%
    前週比
    +110.00%
  2. 2
    5
    100.00%
    +25.00%
  3. 3
    53
    -0.38%
    +3.92%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(13383)
  2. 2

    ↑(27)
  3. 3

    ↓(2)
  4. 4

    ↑(14953)
  5. 5

    ↑(9)
注目情報
黒塀横丁

啓翁桜と桜メニューが満開「黒塀横丁桜祭り~花宴の節~」

福島復興動画

今も続く復旧・復興へ取り組む若者たちの本音とは......

ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ