熊本城の破損屋根瓦「1トン1000円」で買えるらしい →だが、そこには大きなハードルが!

2018年10月 1日 11:00

熊本地震で破損した熊本城天守閣の屋根瓦約200トンを、熊本市が民間企業・団体に有償で提供すると発表し、話題となっている。

「熊本城の屋根瓦、欲しい」と思った人もいるだろうが、ちょっと待っていただきたい。提供先は、企業・団体のみで、個人は含まれない。価格は、1袋約1トン当たり1000円。しかも搬出するための費用は自己負担だという。なんだかハードルが高そうだ。

Jタウンネット編集部は、熊本市に電話で詳しく聞いてみた。

資格審査とヒアリング審査......?

復旧工事中の熊本城(熊本城公式Facebookページより)
復旧工事中の熊本城(熊本城公式Facebookページより)

電話で答えてくれたのは、熊本城総合事務所の担当者だ。この事業の目的を次のように答えてくれた。

「熊本城復旧基本計画に掲げる復旧への市民の参画機会の創出と、震災の記憶継承につなげる、という二つの目的があります。この目的に沿った提案を期待しています」

たんなる営利目的で販売するのは、今回の趣旨に合致してないと判断されるかもしれない。

提供先を決めるにあたっては、資格審査とヒアリング審査、2段階のチェックがあるという。ヒアリング審査は、破損瓦の活用の目的や活用計画の内容について、細かい説明が求められ、厳しく採点されるようだ。

「砕いて復旧工事のための建材などに使う、加工して地域交流イベントで記念品として配布するなど、活用方法は自由ですが、あくまでも目的に沿った利用方法をご提案いただきたいと思います」と担当者。

申込期間は2018年10月1日から10月19日まで。詳しくは熊本市公式サイト内告知ページをご参照のこと。

熊本城天守閣の破損瓦(熊本城天守閣破損瓦提案型活用事業実施要項 より)
熊本城天守閣の破損瓦(熊本城天守閣破損瓦提案型活用事業実施要項 より)

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ