恵方巻「食べる」派が関西でさらに増加中!? 一方関東は...

2015年2月 3日 07:00

「恵方巻」――節分の日、家族全員がその年の恵方(縁起の良い方向)に向かい、願い事を念じながら目を閉じて無言で一気に太巻きを食べる風習だ。

都内のスーパーの天井から吊り下げられた恵方巻の販促物(写真は編集部撮影)
都内のスーパーの天井から吊り下げられた恵方巻の販促物(写真は編集部撮影)

2月は一般的に消費の落ち込みやすい時期だが、コンビニやスーパーにとって恵方巻は、旬の売れ筋商品として欠かせない。派手な宣伝効果もあって、その認知度は着実に高まっている。

では、実際に「食べる」という人はどれくらいいるのだろうか。また、その地域差は?

Jタウンネットが1月20日から30日までの11日間、「節分に恵方巻、食べますか?」というテーマでアンケートを実施したところ、482人の読者から回答をいただいた。昨年も同様のアンケートを行っており、得票率を比較してみた。

「今年も食べる!」と回答した人の割合は、前年から5.8ポイント増えて29.9%。一方で「食べたことはあるが、今年は食べない」と「今年も食べない!」と回答した人はいずれも減少している。また、「食べたことはあるが、今年は食べるかも」という人は前年の2.3%から今年は1.9%とほとんど変わらない。

town20150202ehoumaki00.jpg

次に都道府県別の傾向を見てみよう。「今年も食べる!」と「食べたことはあるが、今年は食べない」の2選択肢を合算した割合を、県ごとに色塗りしたのが下の図だ。

town20150202ehoumaki01.jpg

大阪の影響が強い滋賀と京阪神地域、鳥取・岡山・香川は「食べる(かも)」の得票率が高い。北関東や中部地方、山口、高知も恵方巻の支持率が高かった。
反対に低調だったのは九州地方で、最も得票率の高い佐賀でも25.0%しかいない。宮城・福島・南関東、新潟、島根、広島なども得票率が低かった。

「地域差・ランキング」の最新記事

2018/11/16 06:00

2018年のプロ野球は福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ連覇で幕を閉じた。...

2018/11/9 06:00

手軽に寿司を食べられる場所としてポピュラーな回転寿司。さまざまな回転寿司チェーンがあり、寿司好きの日本人に欠かせない場所になっている印象だが、実際のところ...

2018/11/2 06:00

今季リーグ最下位に沈んだプロ野球・阪神タイガース。金本知憲監督がチームを去り、新たに矢野燿大新監督が就任。来季の巻き返しを狙っている。...

東京都 最新記事
2018/11/21

洗い物が嫌いで、調理に使ったフライパンや鍋をそのまま使ってしまう――。そんな「ズボラ」な人は案外多いかもしれない。 筆者もその一人。特に一人暮らしをしてい...

2018/11/21

日本書道美術館は、1973(昭和48)年11月4日、東京常盤台の閑静な住宅街に、「博物館法」に基づいたわが国初の「書道」を専門とする美術館として開館しまし...

2018/11/21

赤いドレスとタマネギ型のおだんご頭がトレードマークの「リトルミイ」は数々のムーミン作品に登場し、ムーミンを語るには欠かせない存在です。小さいけれど、勇敢で...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ