飲み放題567円で「コロナをぶっ飛ばせ!」 強気すぎる居酒屋に「嫌いじゃない」「これくらいのノリでもいい」

2020年3月11日 06:00

例年であれば送迎会や謝恩会で居酒屋がにぎわう3月。今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自粛ムードが広がっている。

そんな中、ある居酒屋が打ち出した飲み放題プランが「攻めてる」と話題になっている。

いづも池袋のインスタグラムより
いづも池袋のインスタグラムより

一体どんなプランなのかというと、1時間の飲み放題の価格が「567(コロナ)円」(税別)になるというもの。

あるツイッターユーザーが店の前に貼られたこのチラシの写真を投稿すると、多くのユーザーの関心を集めた。寄せられた反応は

「こんな感じで、笑って吹き飛ばしてやりたいですね!」
「こういうお店嫌いじゃない」
「暗くなってもしょうがないので これくらいのノリでもいいじゃないのでしょうか?」

など、前向きなものがほとんどを占めている。

このプランをぶち上げたのは、東京・池袋にある居酒屋「いづも 池袋」。

Jタウンネット編集部はこの店の店長を取材した。

ポジティブな反響に驚き

同店の店長によると、3月になって急に、目に見えて来客が減ったという。

「2月はまだそんなにだったんですけど、3月になって突然少なくなりました。3割減から半分近くまで落ちてる場合もあります」

そこで、「567円飲み放題」を企画し、3月4日から始めたそう。

店の常連の中には会社から「飲み会禁止」を告げられている客もいるという。肩身の狭い思いをしているお酒好きに少しでも楽しんでもらい、また、店で出しているウナギなどのメニューでスタミナをつけて貰いたい、というのが狙いのようだ。

「手洗いとか、健康に気を付けたうえで、どんよりムードを打破してもらいたいなと思います」

と店長。店内での対策については、客席にシンクがあり、来店者は入店してすぐ手洗いやアルコール消毒ができるようになっているという。

ツイッターで話題になっていることについては、9日に知ったそうで、寄せられた反応を見て驚いている様子。

「コメントを見ても割と歓迎ムードというか。不謹慎とか、そういうネガティブな意見も多く出るかなと思ったら、思いのほか出なくて、やっぱり皆さん飲みたいのかな、と」(店長)

いつまで続くかわからない自粛ムードにストレスが溜まっている人も多いのだろう。「コロナをぶっ飛ばせ!」という心意気に共感が集まったようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ