ここは本当に牛丼屋なのか 日本一哲学的な「松屋」の入口がこちら

2020年2月 1日 08:00

牛丼チェーン・松屋のキャッチフレーズといえば、「みんなの食卓でありたい。」だが、東京都中野区にある「松屋中野南口店」の看板にはこんな旗がぶら下がっている。

これは、ライターの野田せいぞ(@nodanosei)さんによる2020年1月30日のツイートだ。見慣れた黄色い看板の下に、白いバナー。飾り気のない黒い字で書かれているのは

「個々に秘められた可能性の扉」

牛めしにカレー、そして今話題のジョージア料理「シュクメルリ」......。松屋で提供される様々なメニューには消費者が未だ気付いていない可能性があるのかもしれない。そんな期待を抱かせる言葉だ。

投稿を見た人からは、

「松屋は可能性しかない!」
「松屋は確かにそうですね。昨日創業ビーフカレー食べたときもそう思いました」
「ビビン丼、リリースされた時の衝撃ったらiPhoneを手にしたとき以来よ」

など、このフレーズに納得する反応が寄せられ、「(松屋に)すごく行きたくなった」とするユーザーもいた。

果たして、この意味深なフレーズは何を示唆しているのか。

Jタウンネット編集部は31日、バナーの設置者を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ