長崎電鉄が13停留場の名称変更 地元からは「わかりやすいけど、寂しい」との声も

2018年8月 2日 17:00

長崎電気軌道は2018年8月1日より、39ある停留場のうち13停留場の名称を変更した。

長崎電気軌道、13停留場の名称変更(Yamaguchi Yoshiakiさん撮影, Wikimedia Commonsより)
長崎電気軌道、13停留場の名称変更(Yamaguchi Yoshiakiさん撮影, Wikimedia Commonsより)

新たな停留場の名称は以下のようになる(カッコ内は変更前のもの)。

長崎大学(長崎大学前)、浦上車庫(浦上車庫前)、平和公園(松山町)、原爆資料館(浜口町)、大学病院(大学病院前)、新地中華街(築町)、崇福寺(正覚寺下)、めがね橋(賑橋)、諏訪神社(諏訪神社前)、メディカルセンター(市民病院前)、大浦天主堂(大浦天主堂下)、浜町アーケード(西浜町〈アーケード入口〉)、市民会館(公会堂前、ただし新市庁舎完成時に名称再変更予定)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ