違和感なさすぎて笑っちゃう コナン映画のロゴにしか見えないパスタ屋の看板がこちら

2020年6月 9日 06:00

JR赤羽駅の構内にある焼きスパゲッティ専門店「ナポリの旋風(かぜ)」。その店名ロゴが、某人気アニメの映画シリーズを彷彿とさせると話題になっている。

それがこちらだ。

事件のにおいがする...!(画像はスマ見@miteruyatsuさん提供)
事件のにおいがする...!(画像はスマ見@miteruyatsuさん提供)

一見すると特段変わった所はない。だが、わかる人にはわかる。

「名探偵コナン」の劇場版サブタイトルに雰囲気がそっくりなのだ。コナンの映画といえば「14番目の標的(ターゲット)」「迷宮の十字路(クロスロード)」など、いずれも「○○の○○」というサブタイトルが付いている。そう考えれば、

「名探偵コナン ナポリの旋風(かぜ)」

もあまり違和感がない気がする。

それだけでなく、白抜きの文字やフォントの雰囲気、文字の配置など、ロゴにはコナン映画っぽい要素がいくつも。ナポリの旋風――事件が起きないことを祈る。

話題の発端となったのは、ツイッターユーザーのスマ見(@miteruyatsu)さんが2020年6月1日に投稿した、「駅にあったパスタ屋の看板が、コナン映画のサブタイトルっぽかったので、合わせてみたら全く違和感がありませんでした」というツイート。

他のユーザーからは共感の声が寄せられ、

「オープニングの音楽が聴こえます......」
「こんな映画あったけ?って焦った」
「冒頭で少年探偵団が博士と一緒にパスタ食ってるとこ想像できたわww」
「バーロー、ナポリタンは本場にはねーんだよ...とかゆうセリフありそう」

といった声があがっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ