子供が見たら泣くレベル 近所の池で見つけた河童の看板が完全にホラーだった

2020年5月 6日 17:00

「河童発見」という衝撃的スクープで、某スポーツ紙が世間を騒がせたことがある。

岩手県遠野市の小学校裏で、先生と児童が目撃した、という見出しが付いていた。もちろん写真付きで、「全身緑色、頭にはお皿も」という小見出しも付けられていた。

遠野市にはカッパ淵と呼ばれる場所があり、カッパ伝説が残されている土地として知られている。まさか? と思いつつも、もしかしたら......と食い入るように写真を見つめた人が多かったに違いない(筆者もその一人だ)。

河童といえば、日本の代表的な妖怪で、伝説上の動物だ。全国各地に河童の伝承が残されている。それだけ身近で、気になる存在なのかもしれない。ひょっとしたら、実際にいるんじゃないか、誰しもそう思っていないだろうか。

2020年4月17日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

近所の池の注意看板だというが、河童の絵が「センスありすぎ」だ。

どす黒い不気味な姿、大きな口をいっぱいに開けて気味の悪い長い舌を出している。手に持った青い玉はいったい何だろうか? 「あぶない」と書かれた文字が、かすれていて、まるで血糊でなぐり書きしたように見えるではないか。あまりにも怖すぎる。

だが一方で、とても素人が描いたとは思えない、芸術性の高さを感じる。いったいどこの誰が描いた看板だろう。そんな興味も湧いてくる。

Jタウンネット記者は、投稿者の青硝子(@putitomatoPOP)さんに詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ