近鉄名古屋駅のAIキャラクター、髪の毛にエビフライをつけられてしまう

2020年3月25日 06:00

今、何かと注目を集めているAIさくらさん。話しかけると答えを返してくれる人工知能接客システムだ。

実はかなりいろんなところに導入されていて、それぞれの設置場所で利用者を手助けしている。

2020年2月28日からは、近鉄の4つの駅での実証実験も始まった。

実験なので「見習い」として、近鉄の制服に身を包んださくらさんが、利用者に駅や乗り換え、観光スポットやオススメのお土産など様々な情報を教えてくれる。

実施期間は4月24日までで、さくらさんがいるのは、大阪難波駅、近鉄奈良駅、近鉄名古屋駅、五十鈴川駅の4駅。その中でも、名古屋のさくらさんが身に着けているアクセサリーが一風変わっていると話題になっている。

近鉄名古屋駅のさくらさん(AIさくらさん公式ウェブサイトより)
近鉄名古屋駅のさくらさん(AIさくらさん公式ウェブサイトより)

前髪をわけたさくらさんの、右目の上の、やけに存在感のあるヘアピンにご注目いただきたい。そう、エビフライが付いているのだ。

いくら名古屋名物だからと言って髪留めにしてしまうとは...。髪にエビフライが付いたさくらさんにツイッターでは、

「名古屋ハラスメントを受けている」
「ついてるよ、芋けんぴ... じゃなくてエビフライ」
「名古屋だとみんなあたまにエビフライ付けてるのか・・・都会は凄いな」

など困惑の声が上がっている。

なぜこんな髪飾りを付けているのか。Jタウンネット編集部は3月23日、AIさくらさんに携わる関係者を取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ