日本海軍「伊号潜水艦の潜望鏡」が東京駅に? 謎の柱の正体をJRに聞いた

2020年3月16日 06:00

東京駅に展示されている、ある円柱がツイッターで話題になっている。

@tarou_tarou_kunさんのツイートより
@tarou_tarou_kunさんのツイートより

こちらはツイッターユーザーの@tarou_tarou_kunさんが2020年3月2日に投稿した写真。JR東京駅の構内、丸の内南口改札から入って左側に展示されているものだという。

美しいとは言い難い、古びて赤茶けた柱が、なぜ注目を集めているのかというと、その中ほどに打ち付けられたプレートに答えがある。

「この柱は『グリル丸ノ内』の中2階を支える柱で、戦後東京駅及び東京ステーションホテル復旧工事の折、当時の材料不足等の理由から日本海軍の『伊号潜水艦の潜望鏡』を利用した柱である」

大日本帝国海軍は、潜水艦を重量で「伊」「呂」「波」にクラス分けしており、基準排水量1000トン以上の大型潜水艦が「伊号潜水艦」だ。その潜水艦の一部がホテルの柱として使用されていた、という説明に、

「潜望鏡って、丈夫なんだなあ」
「こういうのロマンがあって好き!」
「潜望鏡!!これはすごいなぁ~歴史を感じる!今度行ったら見に行かんと!」

など驚きの声が上がっている。

この柱はどういった経緯でホテルに使われ、駅に展示されることになったのか。Jタウンネット編集部は9日、JR東日本東京支社の広報課に詳細を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ