オフロー、フロ貴族、びっくりセントー... 老舗銭湯が作った「パロディのぼり」が攻めてる

2020年1月 9日 06:00

お店の看板になるロゴマーク。全国展開しているチェーン店ともなると一目で「あの店だ!」と分かるようになるが、こちらののぼり旗に描かれているものはどこか様子がおかしい。

どこかで見たロゴたち(画像はたけぽんFX@TakeponFXさん提供)
どこかで見たロゴたち(画像はたけぽんFX@TakeponFXさん提供)

「びっくりセントー」
「オフロー」
「フロ貴族」
「天下一フロフロフロ」

どこぞの飲食店を彷彿とさせるのぼりがずらり。ところどころに「風呂」と「銭湯」が見え隠れするが、各企業に怒られるかどうかギリギリのラインを攻めている。配色まで完璧だ。

これらののぼりを掲げているのは、1928年(昭和3年)に創業した老舗浴場「昭和湯」(大阪市)だ。ツイッターユーザーのたけぽんFX(@TakeponFX)さんが2020年1月2日に写真を投稿したところ、大きな反響を呼んでいる。

「ギリギリの所攻めてますね...wwww」
「素晴らしいセンスだなあ。こういうの大好き」
「天下一フロフロフロはマジで天才」

うまく風呂要素を混ぜているとはいえ、本気で心配になるほどのクオリティの高さ。昭和湯はなぜこんなのぼりを掲げているのだろうか。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ