縄文時代の人間も、猫が好きだった...? どう見てもニャンコな出土品が超かわいい

2019年10月 3日 08:00

福島県立博物館(福島県会津若松市)では2019年9月7日から11月17日まで、企画展「あにまるず ANIMAL × Zoo ―どうぶつの考古学―」を開催している。

縄文時代~古墳時代の動物造形品や骨で作られたアクセサリーを展示しているが、ツイッターではそこで展示されているある出土品が注目を集めている。

それがこちらだ。

縄文時代にこれを作るって...(画像提供:福島県立博物館、所蔵:郡山市教育委員会)
縄文時代にこれを作るって...(画像提供:福島県立博物館、所蔵:郡山市教育委員会)

楕円形の土台に小さな三角が2つ。その名も「ネコ形土製品」だ。

これは縄文時代の遺跡から発掘されたもの。写真を投稿したツイッターユーザーのken-nano(@kennano2)さんは「縄文時代の人にコレを作る感性があることにほっこり」とツイートしているが、たしかに縄文時代のものとは思えない。

顔はなくのっぺらぼうだが、フォルムが現代的というか...どこかキャラクターチックなネコちゃんだ。

ほかのユーザーからも、

「本当に猫だとしたらマジパネェ発見かもですね」
「かわいいは正義は昔からだったのかな?」
「縄文時代、既に猫を飼っていた可能性が」

といった驚きの声が寄せられている。

展示物の説明は「ネコ形」となっているため、これはネコでない可能性もある。

そもそもネコって縄文時代からいたのだろうか...。Jタウンネットは10月2日、福島県立博物館に話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ