ラブホなのに、内装テーマは「九龍城」 静岡・沼津のスラム風ホテルに注目

2019年6月30日 20:00

静岡県にあるラブホテル「HOTEL555沼津駅北」が「怖すぎる」とツイッターで話題だ。

ここはどこ...(画像はHOTEL555沼津駅北提供)
ここはどこ...(画像はHOTEL555沼津駅北提供)

廊下の壁には謎の貼り紙や毛沢東の顔写真が掲示、さらに施設内は血に染まったように赤くライトアップされている。テーマパークじゃあるまいし、ラブホでここまでする必要があったのだろうか...。

ツイッターでは、

「普通に香港のマフィア映画とかに出てきそうな雰囲気ですね・・・」
「吊り橋効果が期待できますね」
「部屋着く頃には疲れてそう、、」

といった声が寄せられている。

HOTEL555沼津駅北は1階から10階までそれぞれテーマがあり、今回話題となったのは5階「KOO-LOON THE CASTLE ~九龍城砦~」だ。九龍(クーロン)城塞といえば、かつて香港に存在した巨大なスラム街のことだが...。

ほかの階はどうなっているのだろうか。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ