豊洲新市場の「最速」グルメレポートを書きたい!【第1回・市場前駅】

2016年12月23日 11:00

いざ、東京の「廃墟(新品未使用)」へ

そんなわけでJタウンネット、今回の企画は――。

豊洲新市場の「最速」グルメレポートを書きたい!

12月某日。

town20161219142520.jpg

ゆりかもめに揺られ、「市場前駅」に編集部総勢5名が降り立った。

探検帽をかぶっているのがT編集長、黒いジャンパー姿なのがK副編集長
探検帽をかぶっているのがT編集長、黒いジャンパー姿なのがK副編集長

市場前駅は、東京都心で最も乗降客が少ない駅の一つだ。鉄道ファンの間では、「都会の秘境駅」なんて言われている。

まさに閑散
まさに閑散

とはいえ、ちょっと前までは広告すら(乗降客がいないから)貼り出されていなかった。それを思うと、だいぶマシになった気がする
とはいえ、ちょっと前までは広告すら(乗降客がいないから)貼り出されていなかった。それを思うと、だいぶマシになった気がする

S記者「うわ、見てくださいよこれ」

指差す先にあったのは、一見なんの変哲もないコインロッカー。だがよく見ると、使われているロッカーはゼロ。

town20161219143042.jpg

慢性的にコインロッカー不足が続く都心では、なかなかお目にかかれない光景だ。

無人駅です
無人駅です

観光パンフレットを手に取るM記者。なお、英語パンフでは豊洲新市場は「11月オープン」と記されていた
観光パンフレットを手に取るM記者。なお、英語パンフでは豊洲新市場は「11月オープン」と記されていた

たいへん貴重な飲食物供給源
たいへん貴重な飲食物供給源

改札を出ると、閉鎖されている区画がある。

town20161219143441.jpg

T編集長「これ、1年前の取材のときはなかったよ」

S「コンビニでも入るんすかね?」

地上に降りてみると、その正体がわかった。歩行者用のデッキだ。観光客用の飲食モール「千客万来施設」に、駅からそのまま入ることができるようになるらしい。

こんな感じにつながっている
こんな感じにつながっている

地上側出入り口もこんな感じで封鎖中
地上側出入り口もこんな感じで封鎖中

T「できてたら便利だったろうにねえ」

さて、辺りを見回す。

ゆりかもめが走っていく
ゆりかもめが走っていく

town20161219143729.jpg

town20161219143749.jpg

M記者「いやあ、すっかり出来上がっちゃってますねえ~」

雲一つない青空の下、まだ一部では工事が続いているものの、新市場関連の施設はほとんど完成してしまっている。

だが、そこにはほとんど人っ気がなく、封鎖されたままだ。

I記者が駅前で、「あっ、これ......」。おそらくは、一帯のエリアマップがはめ込まれるはずなのだが、骨だけの状態で放置されている。物悲しい
I記者が駅前で、「あっ、これ......」。おそらくは、一帯のエリアマップがはめ込まれるはずなのだが、骨だけの状態で放置されている。物悲しい

town20161219143818.jpg

まさに廃墟。

新品未使用の廃墟である。

というわけで、豊洲新市場周辺の今を、全5回に分けてレポート! 市場棟の壮大さにびっくりしつつ、思わぬ遭遇が待ち受ける第2回は24日公開。
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ