ぬいぐるみで新型コロナ対策 りそな銀行のアイデアに称賛「素晴らしいセンス」

2020年4月16日 20:01

りそな銀行のある支店がぬいぐるみを使って新型コロナ対策を行っていると、ツイッターで注目を集めている。

か、かわいい(画像はこうか(@yoxtuka)さんから)
か、かわいい(画像はこうか(@yoxtuka)さんから)

3人掛けのソファの中央に見えるのは猫のぬいぐるみ。緑色の服を着て、ちょこんと座っているのは、りそなグループのコミュニケーションキャラクター「りそにゃ」である。

ツイッターユーザーのこうかさんは2020年4月10日、ハッシュタグ「#密着防止」と「#コロナ対策」をつけながら

「仕事で色々な銀行に行くのですが、りそな銀行の先客にほっこり。行員さんに許可を取って、他のお客さんのいない時に撮らせて頂きました」

と投稿。この光景を見た他のユーザーからは、

「ぬいぐるみの力は侮れないなあ」
「りそな銀行さん、素晴らしいセンスです」
「なるほど そこは座らないでという意味ですか...。間隔空けるためにりそにゃが活躍」

といった反応が寄せられている。

中央のクッション取ると見栄えが悪く...

16日、Jタウンネットが撮影者のこうかさんに話を聞くと、撮影したのは9日の10時頃。仕事の関係で朝から色々な銀行を周っていたという。

撮影をした、りそな銀行の支店には、ぬいぐるみが間隔をあけて置いてあったという。

「最初にパッと見たときは『何これ可愛い』としか思わなくて、座ろうと近付いた時に『あ、なるほど』って妙に納得した感じです。

座ったらまた凄く小さいりそにゃが横にちょこんと座っていて、たまらなくなってしまい、年甲斐もなく『写真撮っても良いですか?』と。仕事の対応をしてくれた行員さんに聞いてしまっていました」

別の角度で「りそにゃ」
別の角度で「りそにゃ」

一定間隔を空けるために、ソファを取り払ってパイプ椅子を設置することもできたかもしれない。しかし、ぬいぐるみを置くだけで対策ができるわけだ。この状況に「ほっこりした」とこうかさん。

りそなホールディングスに取材をすると、コーポレートコミュニケーション部の広報担当者は、りそにゃの設置は全支店で行っているものではなく一部支店の取り組みだと話す。

客同士の間隔をあけるといった案内を公式サイトや各支店でお知らせ。それぞれの支店でコロナ対策を行っているという。

こうかさんがツイッターで紹介した支店ではパートナー社員(パート)の発案の元、りそにゃのぬいぐるみを設置したそうだ。

「こちらの支店では緊急事態宣言を受けて、4月8日あたりから『りそにゃ』を置いています。3人掛けのソファの真ん中のクッションをとるといった対策もできましたが、見栄えが悪いのです...。

そういった話の中で、パートナー社員の方が『りそにゃ』を置いたほうがいいんじゃない、と発案されました。このような形でソーシャルディスタンスを実施いたしました」(広報担当者)

ソファには、りそにゃがすでに座っているため、客は真ん中に座ることはないという。客同士の間隔をあけられるように「感染リスクを防止する観点から、取り組みを行いました」と述べた。

なんだかほっこりする取り組みに、コロナで張り詰めた気持ちが和らいだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ