竹村健一「アデランス」CMの巨大壁画 今もニューヨークの街に残っていた

2019年7月17日 17:00

「だいたいやねえ」など独特の関西弁で知られ、文筆やテレビで活躍した評論家の竹村健一さんが亡くなった。89歳だった。

生前、テレビCMにも出演していた竹村さん。1980年の明光商会「MSシュレッダー」のCMで手帳を片手に持ち、「私なんかこれだけでやってますよ、これだけ」と話すシーンはあまりに有名だ。

竹村さんの訃報を聞いた筆者は彼の出演したあるCMを思い出した。

これは85年ごろに放映されていた毛髪関連事業のアデランスのCMだ。米・ニューヨークを舞台にしたCMの最後に見えるのが、ビルに描かれた竹村さんの壁画だ。

この壁画はCMのために作られたという。そうであれば当然、撮影後に取り外されたはず――ところが、どういうわけか撮影後も残り続けている。

そう、竹村さんが亡くなった2019年7月8日以降も、ニューヨークの街を見守り続けているのだ。

日本時間7月13日撮影、提供写真
日本時間7月13日撮影、提供写真

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ