「108の煩悩」って、具体的には何と何と何? 詳細を専門書で調べてみた

2016年12月21日 06:00

大晦日の夜、日本列島のそこかしこで、「ボーン、ボーン」と響く除夜の鐘の音を聞くことが出来る。煩悩と同じ数の108回撞かれ、人々は新たな年の訪れに様々な想いを抱く時間だ。

さて、この108回という数字は煩悩の数に由来していると言われる。しかし、現代の日本人は神社で初詣をし、お寺を巡り、クリスマスを祝うなど、様々な宗教観がミックスされた感覚を持っている。そのため、108個の煩悩と言われても、どのようなものなのかはピンと来ないのではないだろうか。

そこで、Jタウンネットが煩悩について調査し、その内容を以下にまとめてみた。そこから更に年末企画として、「現代の煩悩」を読者の皆様から募りたい。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ