ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

最先端テクノロジーが成都をスマートシティーに

2022.12.02 17:32

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202212020760-O1-TpkRp9SZ

AsiaNet 99069 (3088)

【成都(中国)2022年12月1日PR Newswire=共同通信JBN】中国西南部四川省の省都成都はインターネット・オブ・シングス(IoT)、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能など新世代の情報技術の開発と応用でスマートシティーへと変貌を遂げつつある。

成都で製造された計2539個のインテリジェント街路灯が北京冬季オリンピックで使用され、成都の技術力が実証された。

成都に本拠を置くSichuan Huati Lighting Technology Co Ltdが開発した照明器具は照明サービスを提供するだけでなく、WiFi、LEDパネル、充電パイル、太陽光発電、エネルギー蓄積装置も備えている。これらは、5G通信、環境モニタリング、インテリジェント輸送など多くの機能を提供している。

照明器具は成都でも稼働している。照明器具を基盤に、Huati Lighting Technologyはまた、一連のスマートシティー応用シナリオとサービスを開発してきた。スマート路上駐車システムは、成都の双流区で試験的に導入され、スマートグリーンウエー・システムは市のJincheng Greenway(金城緑道)で利用されている。

「スマート成都」を構築するための成都市政府の指導の下、数多くのインテリジェント技術製品とスマートシティー・アプリケーションシナリオが適用され、人々の生産と生活の様式を変化させている。

2022年7月以来、自動運転タクシー第1弾となる8台がSingapore-Sichuan Hi-tech Innovation Park(シンガポール・四川ハイテクイノベーションパーク)で実証運転をしており、市民にインテリジェントな運転体験を提供している。

成都の新都区では、Micronet Union Technology (Chengdu) Co LtdとChina Mobile(チャイナモバイル)が四川省初の「5G Smart Factory(5Gスマート工場)」の実証プロジェクトを共同で建設した。工場は5Gスマートアプリケーションの展開を通じて、インテリジェント製造のイノベーションを実現する。

「ドローン+インテリジェント農業」のデジタル管理モードにより、大邑県のGrain and Oil Modern Agriculture Park(穀物油近代農業パーク)は農業経営、農業資材の購入、農業機械の操作に関して農民にワンストップ・サービスを提供する。

成都のスマートシティー構築をサポートするため、デジタルインフラを改善

この種のものでは中国西部初となる成都のNational Supercomputing Center(国家スーパーコンピューティングセンター)は、強力な計算能力で成都のスマートシティー建設に貢献する。中国西南部で最大の人工知能コンピューティングセンターであるChengdu Intelligent Computing Center(成都インテリジェントコンピューティングセンター)は、成都市内のさまざまな産業のインテリジェントなアップグレードをサポートする。

成都は7月、スマートシティー認識センターを設立した。それは知覚端末、通信網、管理プラットフォームを通じてスマートシティー知覚システムを構築する。

ソース:Chengdu municipal government

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=435346
画像説明:四川省初の自動操縦実証プロジェクトが成都で開始

 

共同通信PRワイヤー
Jタウンネットトップへ
PAGETOP