「皿をガシャン!派手な夫婦ゲンカからのうめき声...ついに狂乱の部屋へ乗り込んだ」(都道府県・年齢不明)

2018年12月22日 17:00

夫婦ゲンカの声がうるさい! というのはよくある話だが、今回、Aさん(男性・年齢不明)から届いたトラブルのエピソードはちょっと変わっていた。わざわざベランダを全開にして、繰り広げられる「狂乱」の様子に、近所の住民みんなで乗り込んだというが――。さっそくその内容を紹介しよう。

夫婦ケンカは犬もくわぬ(画像はイメージ)
夫婦ケンカは犬もくわぬ(画像はイメージ)

不燃ゴミの皿を物色

私が東京の集合住宅に住んでいた頃、上階の住人の異常に思える行動に驚きました。子どものいない夫婦なのですが、月に一度ほどの割合でやかましいケンカを始めるんです。

いつも決まって夜10時くらいから。最初は、オンナのわめき声。それから何かを壊す音が続きます。ケンカを始める前に、ベランダの戸を開けているようで、否が応でも聞こえる範囲は広がります。

間もなく、上の階から外に向かって食器が投げられました。住宅の庭は、装飾されたセメントでできていますが、そこに砕ける皿や茶碗の音は強烈でした。しばらくして、それが止むと、今度は、オンナのうめき声と感極まったような声が聞こえてきますので最悪です。

翌朝、女性が何食わぬ顔して外の砕け散った食器類などを掃除していました。あるとき、妻が直接、苦情を言ったら、しれっと「すみません」と言ったそうです。

また、別の日に「燃えないゴミ」の集積場で件の女性が、処分する食器類などを物色していたという目撃情報もありました。実際、何度も皿や花瓶などを自宅に運んでいました。

それを聞いた私は、「ははぁ、次のプレーのために用意しているんだ」と思いましたよ。妻には、「あの狂乱は性的なものだよ、瀬戸物を壊すと興奮するんだろうね」と説明しました。

次にそのケンカが始まったとき、ほかの住人数名で狂乱の部屋を訪問し、ブザーを押し続けました。聞こえない風です。もちろん、ドアはロックしてありますから開きません。

そして、窓の外に向かって投げ捨てられる瀬戸物たちを見て、逆に用意しておいた紙つぶてやドリンクビンを投げ入れました。狂乱が止んだかと思ったら、パトカーがやってきました。狂乱の主が被害者よろしく通報したのでしょう。まもなく、その夫婦は引っ越していきました。どこかでまた、やっているんでしょうね。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。 寄稿フォームないしはメール(toko@j-town.net)で、具体的なエピソード(500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ