外国人が指摘した「群馬のこんにゃく、ここが苦手」

2014年1月24日 17:01

群馬県が「研究」のため、名産品のこんにゃくを県内の留学生に定期的に食べてもらっている、ということをご存じだろうか。

群馬県の名産品こんにゃく(イメージ)
群馬県の名産品こんにゃく(イメージ)

近年、こんにゃくの国内消費量は頭打ちの状況が続く。そこで県では海外への販路拡大を目指し、留学生を対象とした試食会を通じ、「海外ウケ」するこんにゃくの料理法を調べているのだ。

2011年度からスタートし、2014年1月28日にも、中国・ネパール・ベトナム・インドネシアなど10カ国100人の留学生を県庁に集め、5種類のこんにゃく料理を採点してもらう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ