ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

「友達がいなかった小学生の私。お弁当の時間に『みんなで輪になって食べましょう』と先生に言われて安心したのに...」(愛媛県・60代女性)

Jタウンネット読者

Jタウンネット読者

2023.09.22 11:00
0

ホッとしたのも束の間で...

安心したのも束の間、箸がないことに気付きました。母が入れ忘れたのでしょう。私は泣きそうになりました。

その時、隣の女の子が声を掛けてくれたのです。

「お箸ないの?あげるよ」
「遠足のお弁当に一生懸命でお箸を忘れるお母さんがいるかも知れないから、そんな時はあげてねとお母さんが言ってた」

彼女は余分に持たされていた割り箸を私にくれました。

女の子が割り箸をくれた(画像はイメージ)
女の子が割り箸をくれた(画像はイメージ)

そのことがきっかけで彼女と仲良くなり、楽しい遠足になったのでした。

帰宅した私はすぐ母にその話をしました。それからの遠足には、母も私に多めに箸を持たせてくれるようになりました。

それからはお弁当の時間には、あの子と同じように周りを気にして、忘れた子にお箸をあげるように。

今では私も親になり、今度は我が子のお弁当の際に、余分に箸を持たせるようになりました。

「忘れた子がいたから、あげたよ!」
「今日は、先生が忘れてたよ」

子供からそんな話を聞くと嬉しくなります。

あの時、彼女に、箸を多めに持たせていたお母さんも、きっと誰かから助けられたのでしょうね。

このお箸の連鎖、「今もどこかで続いているといいなぁ」と思うのです。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆さんの「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくはtwitter.com(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP