ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
プレゼント

「AOMORI GOKAN アートフェス 2024 公式ガイドブック」10名様にプレゼント!

「あまり良くない地区で新聞配達中だった僕。小汚い作業着のオジサンに『おい、兄ちゃん』と呼びつけられて...」(鳥取県・50代男性)

Jタウンネット読者

Jタウンネット読者

2023.07.18 11:48
0

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Oさん(鳥取県・50代男性)

30年以上前、新聞奨学生だったOさんは大忙しな日々を送っていた。

ある日、いつものように朝の配達をしていると、お世辞にもキレイとは言えない作業服のおじさんに声をかけられて......。

新聞配達の途中で...(画像はイメージ)
新聞配達の途中で...(画像はイメージ)

<Oさんの体験談>

今から30年以上前、高校を卒業した僕は、親に負担をかけたくないという思いと、自立のために、新聞奨学生になり大阪の専門学校に通う事にした。

それまで親に頼りっきりで、病院にも市役所にも一人で行ったことがなかった自分が、親戚も友人も誰もいない環境で始めた新生活。自分にとっては過酷でした。

「おい、兄ちゃん」と呼び付けられ...

まずは右も左もわからない町で、250から300軒近くの配達先を覚える事からスタート。学校に通い始めると、朝はまだ暗い2時には起き、授業を途中で切り上げて午後3時からは夕刊配達。配達が終われば折り込み作業。集金に拡張(営業)と毎日毎日、学業と仕事でヘトヘトだった。

もうダメだ、もう止めよう。学校も仕事も投げ出そう、と思っていたある寒い冬の日。

いつものように朝の配達をしていると、お世辞でもキレイとは言えない作業服を着たおじさんに「おい、兄ちゃん」と呼び付けられた。

突然呼びとめられて...(画像はイメージ)
突然呼びとめられて...(画像はイメージ)

その辺りはあまり環境の良く無い地域だったので、嫌な予感がした。

それでも「はい」と答えて恐る恐る近寄ってみると、おじさんは「兄ちゃんどこから来たんや」と聞いてきた。僕は「島根県です」と一言答えた。するとおじさんは

「そうか大変やな~、頑張りや」

と言って、ズボンのポケットから小銭を出し、近くにあった自販機にお金を入れ、温かい缶コーヒーを買ってくれた。おじさんは僕に缶コーヒーを渡すとそのまま寒そうにどこかに行ってしまった。

おじさんが立ち去ったあと飲んだ缶コーヒーは、自分の涙の味でしょっぱかった。でもとても温かかった。

あの缶コーヒーがなければ、きっと...

それ以来おじさんとは一度も会っていない。もしもあの日、あの時のあの缶コーヒーが無ければ僕はきっと辛さに耐え切れず挫折していただろう。

おじさんのコーヒーのおかげで...(画像はイメージ)
おじさんのコーヒーのおかげで...(画像はイメージ)

今、あの時のおじさんにこの場を借りてお詫びと御礼をしたい。

最初に声をかけられた時に、見た目で嫌な予感を感じてしまってごめんなさい。

そして、どこの誰かもわからない自分に、温かい励ましと、温かい缶コーヒーを奢ってくださりありがとうございました。本当は自分の為のコーヒーを買うためにあそこにいたのでは無かったのですか? 本当にありがとうございました。

おじさんのお陰で新聞奨学生としてのお務めと、学校生活を無事に終えることが出来ましたよ。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP