ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話
読者プレゼント

お湯を入れると絵柄が変わる...!オリジナル湯吞みをプレゼント!

「運転席の後ろの窓から前を見たがる電車好き息子。先客の成人男性がいたのに諦められず、近くに立ってたら...」(東京都・40代女性)

藤本 仁

藤本 仁

2023.06.23 11:00
0

シリーズ読者投稿~あの時、あなたに出会えなければ~ 投稿者:Sさん(東京都・40代女性)

Sさんの息子は電車が好き。数年前は運転席の後ろの窓から前を見ることにハマっていた。

しかしその日はいつもの場所に先客がいて......。

電車に乗るときの楽しみだったが...(画像はイメージ)
電車に乗るときの楽しみだったが...(画像はイメージ)

<Sさんの体験談>

多くのお子さんや鉄オタさんたちは、運転席の後ろの窓から前を見ることに夢中になることがあると思います。私の息子も、数年前にハマっていました。

その日も子供にせがまれ運転席の後ろに向かったのですが、すでに成人男性がいらっしゃって、楽しそうに外を見ていました。

諦めきれない息子に...

その方は知的障害があるようでした。きっとこだわりがあり、そこにいるのでしょうから譲ってもらうことは難しいと思い、周囲に聞こえないように小さな声で子供に伝えました。

「お兄さんが見ているからまた今度にしよう」

しかし息子は諦めきれないようで、近くの場所に立ち続けていました。

運転席の後ろから、前が見たくて...(画像はイメージ)
運転席の後ろから、前が見たくて...(画像はイメージ)

すると、そのお兄さんが息子に気付きました。

そして、場所を譲ってくれたのです。息子はしばらくすると満足したようで私の近くに戻ってきました。

お兄さんは再び元の場所に戻り外を見ていました。優しい人だなと思っていると、他の子供が乗ってきたときにも場所を譲ってあげていました。

自分も楽しみにしていただろうに、他人に楽しみを譲ってくれるすばらしい、とても優しい青年でした。

中央線に乗っていたお兄さん、本当にありがとうございました。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージメール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

PAGETOP