ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

さすが本の街 「神保町駅」の壁が「本棚」を表現してるって、知ってた?

藤本 仁

藤本 仁

2023.03.02 08:00
0

皆さんは、ふだん使っている駅のホームの壁がどんなものだったか、思い出すことが出来るだろうか。

「多分白かった」「茶色かったような......」なんて漠然としたイメージしか出てこなかった人もいるだろう。

ただ、あなたが都営新宿線・神保町駅ユーザーだった場合、はっきりとそのデザインが頭に浮かんだかもしれない。

駅のホームとは思えないオシャレなタイル(画像は東京都交通局)
駅のホームとは思えないオシャレなタイル(画像は東京都交通局)

これが、都営新宿線・神保町駅のホームの写真。壁一面に、青色や茶色、黒や白の細長いタイルが並んでいる。幅の広さは様々で、なんだか不規則な感じだ。

神保町という街は、多くの書店が集まる「本の街」。それを踏まえると、この壁面のデザインが「何か」に見えてこないだろうか。

そう、「本棚」だ。

その街ならではのデザインに

2023年2月17日、Jタウンネット記者は神保町駅の神保町らしさあふれる壁について、東京都交通局に話を聞いた。

交通局の職員によると、本棚の壁は2016年7月15日から22年1月14日にかけて行われた、神保町駅(三田線及び新宿線)の大規模な改良工事時に作られたものだ。その際、設計事務所から提案されたコンセプトは、次のものだったという。

「本を蓄える街、本を創る街、本の世界を体現する駅」

結果、神保町にあふれる古書をモチーフに、背表紙を表現したタイルが並ぶ、おしゃれなホームが完成した。

タイルは駅ホームやコンコースに設置されている(画像は東京都交通局)
タイルは駅ホームやコンコースに設置されている(画像は東京都交通局)

交通局の職員は、「たくさんの本、書架を思い起こさせるホームとコンコースの空間構成」をタイルで表現しているのだと語る。

電車を降りたら、たくさんの本が出迎えてくれるなんて......「本の街」らしい、粋なホームだ。本を探しに街を訪れた人は、駅に降り立った時点で「神保町に来たんだ!」と痛感するだろう。

(2023年3月3日14時55分編集部追記:記事初出時、本文中の表記に誤りがありましたので訂正しました。)

PAGETOP