ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
旅先いい話

北海道の広さを、理解してない人へ 新千歳空港の「タクシー料金表」が突きつける「容赦ない現実」

大山 雄也

大山 雄也

2022.08.11 17:00

北海道はでっかいどう――そんな言葉がある通り、北海道は広い。

2022年4月1日時点での北海道の面積は8万3424.41平方キロメートルで、当然のことながら全国でダントツの1位。日本の国土の約22%を占めている。

2位の岩手県(1万5275.01平方キロ)と比べると約5.5倍、最も小さい香川県(1876.91平方キロ)と比べるとなんと約44.4倍の広さ。

そんな広大な北海道の空の玄関口である新千歳空港には、そのスケール感を「金額」で体感できる場所があるらしい。

新千歳空港にあるタクシーの料金表 (画像は高槻のTK@takatsukinotkさんのツイートより)
新千歳空港にあるタクシーの料金表 (画像は高槻のTK@takatsukinotkさんのツイートより)

こちらはツイッターユーザーの「高槻のTK」(@takatsukinotk)さんが7月29日に投稿した写真。

新千歳空港のタクシー乗り場にある料金表で、ここから道内各地にある主要駅や観光スポットに行く場合にかかる金額が記載されているのだが......どこへ行くにも、めちゃくちゃ高額なのだ。

新千歳空港は道中部・千歳市と中南部・苫小牧市にまたがっているが、苫小牧(この場合は苫小牧駅周辺)まで出るにも小型タクシーで約6200円、ジャンボタクシーで約8600円。中東部の帯広までは小型車で約3万9000円、ジャンボが約5万5500円。南端部の函館ともなると小型で約6万5500円、ジャンボなら約9万2500円にもなってしまう。......家賃か?

高額な料金表がある理由は?
続きを読む

↑gogo! fukui