ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

アレもコレも「本物」です 能登半島の小さな街にある「宇宙博物館」がとにかくガチすぎる

松葉 純一

松葉 純一

2022.05.25 20:00

石川県の羽咋(はくい)市は能登半島の西の付け根に位置する、人口約2万人の小さな市だ。ここに「NASA特別協力のガチ宇宙博物館がある」というツイートが、2022年5月19日に投稿され、注目を集めている。

「コスモアイル羽咋」という、知る人ぞ知る宇宙科学博物館である。

「にいがたさくら」(@monkey_across)さんのツイートより、ルナ24号
「にいがたさくら」(@monkey_across)さんのツイートより、ルナ24号

話題のツイートには上のような写真と共に、「展示物は旧ソ連ルナ計画の月面探査機予備機(本物)や実際に地球に帰還した宇宙カプセル、NASA所有の有人月面探査車の実験機等だ」というコメントも添えられている。「にいがたさくら@小話する人」(@monkey_across)さんが投稿したツイートには、2万を超える「いいね」が付けられ(5月24日現在)、こんな声も寄せられている。

「地元民ですが、過去に一度だけ行きました。一見レプリカ?なのかと思いきや本物だと知ってスゲェや!と思いました(笑)」
「展示物は超ド級・・・ほんまもんの博物館ながら、遊び心たっぷりなんすよ」
「ここは凄い所です。初めて行った時に『何故? こんな所にレッドストーンがあるの』 それだけで舞い上がりましたね」
「展示は凄いのに知名度が低いのよね、ここ」

そして気になるのは、にいがたさくらさんのこんなつぶやきだ。

「凄い展示物だが、揃えれたのには理由がある。予算がなかったからだ」

いったい、どういうこと?「コスモアイル羽咋」とはどんな場所なのだろう? 

ロケットの「レプリカ」が高すぎた
続きを読む
PAGETOP