ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

「学校帰りに通い続け、仲良くなったハンバーガー屋のお姉さん。でもある日、余計なことを言ってしまい...」(千葉県・30代男性)

大久保 歩

大久保 歩

2022.01.05 12:48

それを食べると、ほっと安心できる。そんな「いつもの店のいつものメニュー」があなたにはあるだろうか。

店自体の雰囲気やメニューの味、そして店員の接客などさまざまな要素がその安心感を形づくっているのだろう。

ほっと一息つけるメニュー(画像はイメージ)

千葉県在住のJタウンネット読者・Fさん(仮名、30代男性)は13歳のとき、あるハンバーガー店に通っていた。

学校に行くのがつらかったFさんは、帰りにそこでポテトを買って帰ることだけを登校の楽しみにしていたそうだ。

――するとある日、優しい笑顔の店員さんに話しかけられた。

それからだんだん会話することが増えたが、彼女にかけてしまったある一言を、20年近くたった今も後悔しているという。

「いつもポテト買ってるね」

私が13歳のときに体験した話です。

当時から住んでいるのは、千葉県南部の漁業が盛んな地域です。今はありませんが、駅前には「ドムドム」というお店がありました。

当時、私は非常に辛い時期を過ごしており、学校に行くのは非常に憂鬱でしたが、帰りにそこでポテトを買って帰るのだけを楽しみに登校していました。

ある日、ドムドムに行くと、いつも接客をしていたお姉さんに話しかけられました。

「いつもポテト買ってるね。好きなの?」

年齢は3つか4つくらい違ったでしょうか。最初は、いつも買ってることを知られていることが恥ずかしく感じたのもあり、上手く会話できなかったと記憶しています。

ポテトを買うのが楽しみだった(画像はイメージ)

しかし、その後も店に行くといつでもニコニコと優しい笑顔で、お姉さんは私に接客をしてくれました。そして私の話をいろいろと聞きながら優しく対応してくれ、気がつけば1時間近くレジの前でお姉さんと話をしていたこともありました。すごく迷惑だったと思います。それでも、彼女はいつも優しく、笑顔で私の話に相槌を打ってくれました。

いつしか私は、ポテトを買いに行くのではなく、お姉さんに会いにいくためにお店に行くようになっていたと思います。

いまだに消えない後悔

そして、ある日。お姉さん自身の話になったとき、高校はどこに行ってるのかと聞きました。すると彼女は、

「学校は行かなくなっちゃったんだよねー」

と、一言。私は、「学校はちゃんと行かないとダメですよ」と返しました。

「そーだねー」

この会話が最後ではなかったと思いますが、お姉さんはその後しばらくして辞めてしまったと聞きました。

笑顔が優しかったお姉さんは辞めてしまった(画像はイメージ)

本当に、あの一言には後悔しています。偉そうなことを言える立場ではないのに、お姉さんの事情もあったと思うのに。酷いことを言ってしまいました。

もうあれから20年近くたちますが、いまだに、このときの後悔とお姉さんへの感謝の気持ちは消えません。あのときは本当にありがとうございました。

私が今、生きているのはあなたのお陰です。もう一度会えればと、いつもあなたのことを考えます。

誰かに伝えたい、あのときは「ありがとう」「ごめんなさい」、ありませんか?

身近な家族や友達はもちろん、今はもう会うことのない疎遠になった知人、偶然出くわした見知らぬ人......そんな相手との、心の「しこり」のような思い出が誰にも1つや2つはあるものだ。

一方で、当時はお礼を言えなかったけれども、今でも温かい思い出として残っている「感謝」のエピソードがある人もいるだろう。

そこでJタウンネットでは、読者の皆様の「今さらかもしれないけれど懺悔したいこと」や「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(相手にどんなことをしてしまったのか、どんなことを謝りたいのか、逆にしてもらって嬉しかったことなど、500字程度~)を、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

PAGETOP