ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
猛者
あの時はありがとう
自販機
家族

スッキリしてるのに、体の中から温まる... 本格焼酎メーカーが作った甘酒が斬新なおいしさだった

大久保 歩

大久保 歩

2021.11.29 17:00

テレワークがやや減少し出社の機会が増え、デスクで飲むものがワンパターン化してきたのは記者だけだろうか。

家のキッチンに比べ、会社の給湯室にこだわりのコーヒーメーカーやティーサーバーなどを置くのは難しい。仕方なく、手軽な粉末のスティックコーヒーやティーバッグをデスクに常備している人も多いのでは?

そんな記者はある日、運命の出会いをした。

霧島酒造の「発酵あまさけ 白麹仕込み」(写真は編集部撮影。以下同)

それが、芋焼酎「黒霧島」でおなじみの霧島酒造(宮崎県都城市)の「発酵あまさけ 白麹仕込み」(税込み298円)。

宮崎に出張に行った同僚が、甘酒好きの筆者にお土産として買ってきてくれたのだ。

2021年11月1日の「本格焼酎の日」に合わせて新発売された甘酒なのだが......オフィスで仕事しながら飲む物として、最適解かもしれない。

まずは冷やして飲んでみる

甘酒はその栄養価の高さから「飲む点滴」とも呼ばれ、健康意識の高い人を中心に人気が高まっている。

日本酒の酒粕を使って作るもの、というイメージがあるかもしれないが、先述の通り「発酵あまさけ 白麹仕込み」は、霧島酒造......全国でも有数の焼酎メーカーが作ったものだ。

同社は、麹による、発酵の力を活用した焼酎造りを行っている。ここからヒントを得て、新しい味わいの「発酵あまさけ 白麹仕込み」が生まれた。

デスクにあっても違和感ナシ!

焼酎造りに使われる「白麹」を使用し、「さらりとすっきり」した味わいに。

もちろんノンアルコールなので、未成年や妊娠中・授乳中の人も安心。当然、オフィスで堂々と飲むこともできる。

記者も、実際に自分の席で飲んでみた。

冷蔵庫でしばらく冷やし、よく振ってから、まずはひと口。筆者が普段飲んでいるもの(酒粕と米麹を使ったもの)よりも舌ざわりがずっとなめらかだ。サラサラと喉を通り、飲みやすい。

そして、温めてみると......!

冷やしても温めてもおいしい

次に、湯呑に移して電子レンジで温めてみた(500Wで1分ほど)。

日本酒のような香りがいっそう豊かになり、飲んでみると、味わいにもまろやかさが増した気がする。

まるで熱燗を飲んだときのように、体が内側からぽかぽかしてきた。

砂糖不使用かつ甘味料無添加なのだが、自然な甘みがあり、疲れた脳にしみわたっていく。

これは、次の原稿のアイデアが浮かんでくる予感......!

「発酵あまさけ 白麹仕込み」を販売している「霧の蔵ベーカリー」

「発酵あまさけ 白麹仕込み」は、霧島酒造が運営する複合施設「焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン」(宮崎県都城市)内のショップと、同エリア内の「霧の蔵ベーカリー」で購入できる。オンラインショップでの取り扱いはないが、ショップに連絡することで取り寄せも可能だ。

「甘酒片手にオフィスワーク」、ぜひお試しあれ。

PAGETOP