ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
読者投稿
猛者
自販機
家族
グルメ
あの時はありがとう
マンガ

「コロナ禍で会いに行けない間に、進んでいく母の認知症。どうすれば『忘れられること』に耐えられる?」(愛知県・30代女性)

占い師の鉄平(自己防衛おじさん)

占い師の鉄平(自己防衛おじさん)

2021.11.14 17:00

職場の人間関係や恋愛相談、身体のコンプレックスから性の悩みまで――。読者から寄せられた多種多様な悩みを、「自己防衛おじさん」こと占い師の鉄平さんが、真摯かつユーモラスに回答していく。

今回のお悩みは、愛知県在住のAさん(30代女性)からの投稿だ。

離れて暮らす母親の認知症が進んでいるという。

覚悟はしていたけど、やっぱり寂しい――。電話で声こそ聞いているものの、ときどきAさんのことを思い出せなくなるそうだ。

今後、いろんな思い出を忘れていく。そんなとき、家族に必要な心構えとは。

Aさんは、自己防衛おじさんに助言を求めた。

「あなたが皆を照らす太陽の様な存在になり続けていれば...」
続きを読む
PAGETOP