ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

逆に「デザインの勝利」案件では...? 「あのコーヒーメーカー」並みにテプラれたiPhoneに反響

井上 祐亮

井上 祐亮

2021.09.16 20:48

米アップルは2021年9月15日(日本時間)、新型の「iPhone 13」シリーズなどを発表。日本でも、ツイッターで一時トレンド入りするなど話題になった。

そんな中、「ぼくのアイフョーン12プョを見てください」というコメントとともに投稿された「iPhone 12 Pro」の端末写真が、ツイッターで注目を集めている。

わかりやすいけれども......(画像はきゅー(@Cue_449ds)さんから)
わかりやすいけれども......(画像はきゅー(@Cue_449ds)さんから)

これはツイッターユーザーのきゅー(@Cue_449ds)さんが15日9時頃に投稿した写真。

iPhoneの背面に、これでもかとシールが貼られている。

文字ばかりで情報量が多いが......。

その内容は各ボタンやレンズ、コネクタの位置などを、わかりやすく示したもの。

加えて、デバイスのストレージが「256ギガ」で、OSは「iOS14.8」、そして「5G」にも対応しているとわかる。

さ、さらに、リンゴのマークがある場所には「青森県産」(=アップル製ということ...?)とまで!

初めてiPhoneに触る人でも、どのボタンが何かが一目でわかるような至れり尽くせり具合ではあるが、スマートさを失っているのでは......。ツイッター上ではこの姿に対し、

「デザインの敗北を見た」
「なんじゃこりゃw」
「大企業備品感あって非常に良い」
「テプラ貼ると備品感出るなww」
「これはこれで最高にカッコよくてすき」

といった声が寄せられ、会社などで支給される管理番号付きの携帯やパソコンを想起する人も(名前シールとか貼られて、恥ずかしいですよね)。

どうして、こうなったのか。Jタウンネット記者は16日、投稿者のきゅーさんに詳しい話を聞いた。

「デザインの敗北」をコンセプトに
続きを読む
PAGETOP