ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

栃木県民「報告書、あとで出します」他県民「わかった」←この後、待ち受けている悲劇とは...

井上 慧果

井上 慧果

2021.07.19 06:00

栃木の「あとで」は当日ではなく...

「栃木県出身、岡山県在住の者です。
岡山生まれの妻から指摘があった、栃木県人が使う方言をお伝えします。

『後で(あとで)』
栃木県では『後日、そのうち』の意味。
一般的には『当日中』の意味。

たとえば、友人等との電話の最中にご飯ができたと呼ばれ、ひと通り話が済んでいたら、
『ゴメンご飯できたみたいだから、また後で電話しようねバイバイ』
と電話を切ります。この場合、今日はもう電話をしません。

おばあちゃんに『今日これから遊びに行ってもいい?』と電話するも
『ゴメンこれから出かけるんだよ』とおばあちゃんが言うので、

『そっか、じゃあまた後で行くね!!』

この場合、今日は行かずまた今度行くねの意味です。

今思えばこの『後で』で色んな人に迷惑を掛けていたと思います。

上司に『報告書は後で提出します』
お客様に『また後でお伺いいたします』
取引先に『出張中なので後でお越しください』...など。

知らないって怖いですね」

「あとで」が当日中か、それとも後日か......。

この認識の差は、大きなすれ違いを生んでしまいそうだ。

「あとで電話する」はいつ?(画像はイメージ)
「あとで電話する」はいつ?(画像はイメージ)

後日といった意味での「あとで」について、ツイッターでも調べてみると栃木県民らしきユーザーによる以下のようなつぶやきを発見した。

「『あとで』って栃木の方言なのな!?
よく『あとで遊ぼう』(後日遊ぼうの意)というと他県の人に『え。今日?』みたいなリアクションされるのよね」
「栃木弁の『あとで』のスパンは長いのです。東京方言の『あとで』は、『今日のうちに』を表しますが、栃木弁の『あとで』は『後日』の意味でも使うことができます」

また、栃木県民に限らず、

「群馬の方言の『あとで』は、『のちほど、数時間後=later』じゃなくて『いつか、そのうち=someday』です!!!!
「前付き合ってたのが東北の人で『後で』ってよくいいよったんやけどそれが『後日』って理解するのに大分時間かかった」
「『あとで』、わたしは『今やっていることが終わったら次に』とかそうでなくても『数時間後に』みたいな意味で使っていた(る)のだけれど恋人は『後日』くらいの意味でつかってるんだよな」

といったつぶやきも散見された。やはり、それぞれが思っている「あとで」の時間が異なることで、すれ違ってしまっていることも多いようだ。

ではいったい、どれぐらいの人が「あとで」を後日の意味で使用しているのだろうか。

そこで、皆さんにお聞きしたい。

「『あとで電話するね』と言われたらいつかかってくると思いますか?」
PAGETOP