ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

「うちの家紋にしたい」 違いクリームソーダに三つマカロン...和洋折衷の紋所デザインに反響

井上 慧果

井上 慧果

2021.04.05 21:00

家のしるし、「家紋」。

名字にちなんだもの、信仰にちなんだもの、歴史的な出来事を記念したもの......など多種多様だ。

有名なのは、3枚の葵の葉が円の中心で出会う「三葉葵」や、一文銭を3個ずつ横2列に並べた「六文銭(六連銭)」の家紋など。歴史ドラマで見たことがある人も多いだろう。

名称は、図案の外側にあるものの名前から、内側に向かって読んでいく。

円の中で、縦横二本の線が直交している家紋は「丸に十文字」だ。

ツイッターではそんな家紋をモチーフにしたデザインが、注目を集めている。

どれも可愛い(画像はみっけ@qk_mickeさん提供)
どれも可愛い(画像はみっけ@qk_mickeさん提供)

描かれているのは、スイーツの数々。それに「違いクリームソーダ」、「丸にアップルパイ」、「三つフルーツサンド」と家紋の風の名称も付けられている。

題材は洋風でファンシーだが、ぱっと見では「和」を感じてしまう。実際に家紋として描かれていても、もしかしたら気づかないかもしれない。

このユニークなデザインに、ツイッターでは

「きれいで粋」
「めちゃくちゃかわいいです」
「三つフルーツサンドを家紋にしたい」
「ネーミングセンスも素敵です」
「白黒なのに美味しそうなスイーツたちを表現できているの、天才だと思います...」

といった反応が寄せられている。

この家紋風デザインは、どのようにして生まれたものなのか。

Jタウンネット記者は4月1日、投稿者のみっけさんを取材し、話を聞いた。

「新しさを感じる和風デザイン」を

香川県在住のみっけさんは、普段から趣味でイラストやデザインを描いており、本業とは別にデザインの仕事を引き受けることもあるそう。

今回投稿した「家紋」を思いついた経緯を尋ねると

「もともと和風デザインが好きだったのですが、新しさを感じる和風デザインができないかな?と思い洋風の飲食物で作成してみました」

と語る。

デザインする際には、

「家紋らしさがでるように、存在する家紋の特徴を調べてなるべく反映させてみました」

とのこと。

たとえば、フルーツサンドは石畳がモチーフとなっている「立て三つ石」、クリームソーダは赤穂藩主・浅野長矩で知られる浅野家の家紋にも使用されていた「違い鷹の羽」を意識している。

この家紋デザインの中で、みっけさんが特にお気に入りなのは「パンケーキ」。

「和風でも洋風でもある感じにできたかなと思います」

とのことだった。

また、みっけさんは今回の投稿の反響に「たくさんの感想を頂きとても嬉しいです!」とコメント。

「『自分の家紋にしたい』という感想まで頂けて感動しました!
これからシリーズ化していこうかなと思っています」(みっけさん)

シリーズ化は、とても楽しみである。筆者もお気に入りの「三つマカロン」を我が家の家紋にしたい......。

PAGETOP